Amazon販売の価格改定の必要性、無料で試せるおすすめツール3選を紹介!

Amazonで販売機会を逃さずに

売り上げを伸ばしていくには、

価格改定の重要性を理解しているかどうかが

ポイントになります。

 

  • 「Amazonの激しい価格変動についていけなくて売れない」
  • 「知らないうちに値下げ合戦に巻き込まれて、赤字になってしまった」
  • 「手動で価格改定をするのは大変すぎる」

このような悪循環をもたらしてしまい、

テンションが下がってしまった経験はありませんか?

 

自分が理想とする価格範囲内で売らなければ、

薄利になってしまい、ショップ運営がきびしくなります。

 

そこで今回は、

価格改定の必要性と

僕がおすすめする

価格改定ツールを紹介いたします。

この記事を読んで分かること

  • Amazon販売での価格改定の重要性がわかります

  • 価格改定ツールの比較ができ、自分に合ったものがわかります

記事の信頼性

≪僕の実績≫

この記事を書いている僕は物販歴6年です。

経済的・時間的自由を手に入れ、充実した毎日を過ごしています。

 

サラリーマンをしながらせどりをしていた頃のAmazonの売上です。

 

 

 

 

 

Amazon販売での価格改定が重要な理由

価格の変動はなぜ起こってしまうのか?

価格改定は、商品を売れやすくするために

販売価格を高くしたり安くしたり変更しなければなりません。

 

Amazonでは、販売カタログにそれぞれのセラーが自由に出品できます。

そのために、複数のセラーが出品してくると

同じ価格ではカートを取得する確率が悪くなりますね。

 

商品を早く売らないと、

在庫を大量に抱えてしまうことになります。

そうなると、

資金繰りがキビしくなってきたセラーを中心に

値下げをしはじめる訳です。

 

価格改定をしないと販売機会の損失を生む

Amazonではカートを取ることができないと、

商品は売れなくなります。

なので、カートが取得できる価格まで

価格改定をする必要があるのです。

 

商品が値下がりしているのにもかかわらず

価格変更をしていないと、

本来なら売れるチャンスを逃している可能性もありますので

販売機会の損失を生んでしまいます。

 

これは、ものすごくもったいないですよね(^_^;)

 

自分がAmazonに出品している商品すべてに対して

価格改定を行っていれば、

そのような値下がりが起こった時でも

対応できるのです。

 

ですが、出品数が少ないうちは自分が手動で

価格変更を行うことは可能ですが、

出品数が増えてくるにつれて、手に負えなくなります。

 

自分の時間を確保して労力を減らすために、

価格改定ツールを導入することは必須になります。

 

価格改定を行う正しいタイミングと注意点

今まで、価格改定は非常に重要なことだと説明しました。

ただ、価格変更は正しいタイミングで実施しなければ

利益額が減ってしまうことになります。

 

例えば、

自分が3000円で売りたい商品が、

2500円に値下がりしたときは

価格はいくらに設定するのがベストなのか?

 

これは、2500円に値下がりしたときに、

  • 何人の出品者が追いかけてきているのか?
  • 追いかけてきた出品者の在庫

にも影響します。

 

もし回転がいい商品で、

2500円で販売している出品者数と在庫数が

少なかったとしたら

数日待てば、3000円まで価格が戻ってきます。

 

一方で、売れ行きが悪い商品で

出品者と在庫数が多かったとしたら、

2500円まで下げたほうがいいですね。

 

適正価格に戻るのを待ちすぎても、

不良在庫を抱える原因になってしまいます。

ですので、

「仕入れてから3カ月までに売り切る」

など自分でルールを決めることをおススメします。

 

たとえ利益が少なくなったとしても、損切になったとしても

売ってしまうことで現金化できますし

気持ちがリセットされて、次の仕入れへの意欲が湧いてきますよ。

 

価格変更を行う正しいタイミングと注意点
  • カート価格の変動が起こったとき
  • 商品の売れ行きで価格変動をするか判断
  • 出品者数と在庫数を調べる

無料で試せる、おすすめ価格改定ツール3選

それでは、Amazon販売に適している

おすすめ価格改定ツール3つを紹介いたします。

 

3つともAmazonが公式に認めているので、

信頼度は高いといえます。

また、実際に僕が利用して使いやすいなと

感じた価格改定ツールを選びました。

 

マカド

 

マカドの特徴

◇仕入れと登録を一括に管理できる

◇見やすくて操作性がよい

カート取得するための条件設定が実用的

マカド! Amazonせどり管理ツールはコチラ

30日間は無料で利用できます。

2ヶ月目以降は、月額4980円(税込)

※無料期間中にご解約された場合は、一切料金はかかりません。

 

マカドの詳しい使い方は、コチラの記事をどうぞ

 

プライスター

プライスターの特徴

◇自動価格改定

◇売り上げなどの自動計算

◇カンタン出品

プライスターはコチラ

 

30日間は無料で利用できます。

2ヶ月目以降は毎月5,280円(税込)

※無料期間中にご解約された場合は、一切料金はかかりません

 

プライスターの詳しい使い方は、コチラの記事をどうぞ。

Cappy

Cappyの特徴

かんたん出品機能

価格改定機能

お礼メール自動送信機能

Cappyはマカドとプライスターと比較すると、

月額3980円で利用できるので安いですね。

最大60日間のお試し期間もありますよ。

購入者に対しての評価・フォロー機能が充実しています。

 

まとめ

3つの価格改定ツールともに、

Amazon販売で欠かせない機能をたくさん備えています。


それぞれ有料なのですが、お試し期間中は無料で使えます。



僕が3つとも体験して感じたのが、

「自分の環境に合わせた、使いやすい価格改定ツールを選ぶべき」

だとおもいます。

すべて無料期間がありますので、

自分に一番合うなと感じたモノを選択しましょう。

 

一方で、中古コンディションで販売している方は、

価格改定ツールは必要ありません。

中古は一点ものですし、状態の良さで売れ行きが変わり

価格で勝負しなくてもいいのです。

 

ツールは毎月利用料がかかりますが、

価格改定で空いた時間を

  • 仕入れ
  • 納品作業
  • プライベート

などに割り当てることができます。

 

プライベートの時間を確保しつつ、

本格的に売り上げを伸ばしたいかたは

ツールの導入を考えてみましょう。

 

物販で成功するために必要な知識が学べる

    7大特典を無料でプレゼント。35歳を過ぎてからでも、副業で月収30万以上を安定して稼ぐことができた手法が学べる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です