Amazonでコンビニ支払いができない商品の見分け方

「Amazonでコンビニ支払いをしようとすると、商品によってできない場合があるけど、一体なぜなの!?」

「注文の仕方に問題があるのかな?」

こんな疑問にお答えします。

 

Amazonでは、

  • クレジットカード
  • Amazonギフト券
  • コンビニ払い

など、さまざまな決済方法に対応しているので買い物がしやすいです。

 

クレジットカードを持っていない方や、あまり使いたくない方にとって

コンビニ払いは重宝されています。

 

ですが、商品によって

なぜかコンビニ払いができないケースもあります。

 

今回はAmazonでは、どんな商品がコンビニ支払いに対応していないのかを含めて、

コンビニ支払いのやりかたを紹介したします。

この記事を読んでわかること

Amazonでのコンビニ支払いができない理由と見分け方がわかります

記事の信頼性

≪僕の実績≫

この記事を書いている僕は物販歴6年です。

経済的・時間的自由を手に入れ、充実した毎日を過ごしています。

 

サラリーマンをしながらせどりをしていた頃のAmazonの売上です。

 

 

 

 

 

現在は複数のネットショップを運営してキャッシュポイントを増やしています。

 

 

 

この売上情報は、

ヤフーショッピングの一カ月分の売上です。

ちなみにヤフーショッピング出店歴は4年です。

 

Amazonでコンビニ支払いのやり方

Amazonで購入した商品をコンビニ先払いで決済する方法を選ぶと、

最寄りのコンビニや自宅で受け取ることができます。

※ただし、コンビニで商品を受け取るときに代金を支払う方法では

代引き扱いとなり手数料が発生します

 

手数料を払いたくない方は、コンビニ先払いの決済方法を選択しましょう。

コンビニ支払いの手順

1.購入したい商品が決まったら、カートに入れて

レジに進むのボタンを押します。

 

2.<お支払い方法を選択>の項目で、

コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いを選びます。

3.注文を確定するを押します。

注文確定の画面では、Amazonポイントやギフト券を使用することもできますよ。

 

4.注文確定後、Amazonから「お支払い番号お知らせメール」が届きます。

メールに記されている、11桁の数字のお支払い番号がコンビニで支払うときに必要です。

 

5.選択したコンビニで支払い手続きをする

セブンイレブンは、レジで支払い手続きを行います。

ローソン、ミニストップ、ファミリーマートでは店内にある端末を利用して

支払いを済ませます。

 

詳しいやり方は、注文確定後にAmazonから送られてくるメールに記載されています。

慣れていない場合は、メールで手順を確認しながら行ってくださいね。

 

【要注意】Amazonのコンビニ支払いの期限

Amazonでは、「お支払い番号お知らせメール」を受け取ってから

6日以内に支払いを済ませる決まりがあります。

支払い期限を過ぎてしまうと、注文はキャンセルされます。

うっかりして忘れないようにしましょう。

Amazonでコンビニ支払いができない商品の見分け方

Amazonでコンビニ決済をしようとすると、なぜかコンビニ払いが選択できないという

経験をされた方が、中にはいるかとおもいます。

 

それは、「Amazon.co.jp」以外の出品者が、

支払い方法で、コンビニ支払いの設定をしていない場合があるからです。

上図のように、出荷元と販売元が「Amazon.co.jp」ならば

コンビニ払いを選択できるケースが多いです。

また、「Amazon.co.jp」以外の出品者でも、

出荷元が「Amazon」ならば、Amazon倉庫から発送されるので

コンビニ払いを選択できる場合があります。

 

一方で、オプションで「お急ぎ便」や「お届け日時指定」を選ぶと

コンビニ支払いを選ぶことができないので、注意しましょう。

 

Amazon本体以外の出品者が、コンビニ払いを嫌がる理由

「Amazon.co.jp」以外の出品者は、

コンビニ払いを設定していない場合が多いです。

 

それはなぜかと言いますと、

コンビニ支払いを選択する人の多くが

支払いまで日にちがかかったり、支払いするのを忘れていて

キャンセルが発生する確率が高くなります。

 

なので、「Amazon.co.jp」以外の出品者は、

コンビニ支払いは嫌がります。

 

どうしてもコンビニ支払いで決済したい方は、

「Amazon」から出荷される出品者を選びましょう。

 

コンビニ支払いができない注文方法

先ほど紹介した、オプションで「お急ぎ便」や「お届け日時指定」を選択するほかに

以下の注文方法では、コンビニ支払いを選ぶことはできません。

その他の方法を選択する必要がありますので気をつけてくださいね。

  • Amazon定期おトク便での注文
  • Amazonフレッシュの注文
  • Amazonギフト券
  • Amazonデバイス
  • デジタルコンテンツ(Kindle本、デジタルミュージック、Androidアプリ、アプリ内課金アイテム、Amazon Prime Video、ゲームやダウンロードソフトウェア)
  • 高額な腕時計
  • 合計金額が高額

まとめ

Amazonでコンビニ支払いを選択するには、

出荷元が「Amazon」であれば可能になります。

注文方法によっては、コンビニ支払いが選べないケースもあるので

条件を満たした方法で注文を行うようにしましょう。

 

コンビニ支払いができるかどうかを

すぐに調べたいときは、一旦カートに入れてみて

コンビニ支払いが選択できるか試してみるといいですよ(^^♪

 

≪あわせて読みたい≫

物販で成功するために必要な知識が学べる

    7大特典を無料でプレゼント。35歳を過ぎてからでも、副業で月収30万以上を安定して稼ぐことができた手法が学べる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です