【送料を抑えるテクニック】一番安く荷物を送れる発送方法は!?

こんにちは、リョウジです。

近ごろは、大手配送業者による運賃の値上げが相次いでいますよね。

個人でネット販売をしている方にとっては、経費の中でも、特にこの送料が大きな負担となり頭を悩まされている方も多いのではないでしょうか?

 

物販で継続的に安定した利益を出し続けるためには、

「経費をいかに抑えるか」

が重要なポイントになってきます。

 

せっかく利益が出る商品を見つけることができても、大型サイズの商品などは送料が高くて利益が吹き飛んでしまう!

なんてことはよくある話だとおもいます。

 

そこで今回は、

「どのようにして送料を最小限に抑えて利益を確保すればよいのか?」

この問題を解説していきます。

 

一番安く荷物を送れる発送方法は!?

送料は具体的にどれぐらい値上げされたのか!?

2017年ごろから、宅配便業界全体が大幅な値上げを実施いたしました。

※ 例として、関東地方から関西地方まで発送した際の、ヤマト運輸の宅急便の基本料金をご覧ください。

ほんの数年前でも高かった印象ですが、さらに200円以上値上がりしました。

今や60サイズでも1000円を超えています。

他の配送業者も同じような価格帯まで値上げが実施されました。

 

ちなみに僕は物販をしているので、ビジネスを開始した当初はAmazon社の倉庫へ送るときに、高い割引率が得られるパートナーキャリアのサービスを利用していました。

しかしながら、2018年の5月にゆうパックの基本運賃と同額に改定されましたので、利用するメリットはなくなってしまいました。

 

さらに、Amazon倉庫へ格安で納品できるCC便のサービスも、利用者が殺到しすぎて荷物が捌ききれず、早々と経営破綻に追い込まれました。

 

割引サービスを利用したら、どれぐらい送料が安くなるのか?

大手配送業者には、荷物をお得に送れる各種割引・サービスを提供しています。

上図は、ヤマト運輸の各種サービスを受けたときの割引後の料金一覧表です。

 

お得な割引・サービス

持込割:直営店・コンビニストア・取扱店へ直接荷物を持込むと、荷物1個につき100円割引

クロネコメンバーズの持込割:クロネコメンバーズ限定で、ヤマト運輸直営店に持ち込んだ場合、持込割100円に加え、さらに50円割引(※定められた送り状を作成する条件)

クロネコメンバー割:プリペイド型電子マネーに事前にチャージしてから支払いをすると、宅急便料金が10%または15%割引

デジタル割:(※定められた送り状)を作成して送ると、荷物1個につき60円の割引

複数口減額制度:同一の届け先に、同時に2個以上のお荷物を送る場合、荷物1個につき100円割引(複数口専用の送り状を使用)

このように割引・サービスを受けた時は、ずいぶんとお得な料金になります。

※定められた送り状に関してはコチラをご覧ください。

ヤマト運輸のお得な割引・サービス

 

割引・サービスが適用されるにはさまざまな条件がありますが、自ら荷物を取扱店に持ち込む必要があったり、定められた送り状を使用しなければならないなど、面倒な部分があります。

 

そこで、さらにもっとお得な料金で送れる方法がありますので紹介したいとおもいます。

送料を最小限に抑えるための方法とは!?

まとめて送るなら、ヤマト運輸のヤマト便がおすすめ!

荷物をたくさん取り扱う個人の小売業者の方にとって、相次ぐ値上げラッシュにより冷たい逆風が吹き荒れましたが、ここで簡単に諦めてはいけませんよ。

 

いつ誰でも格安に利用できるお得なヤマト運輸のヤマト便というサービスがあるので、ここから紹介していきます。

ヤマト便は、荷物の「サイズ」と届け先の「エリア」で運賃が計算されるのではなく、おもに「総重量」と「エリア」で決まります。

 

でも実際は、地域や担当ドライバーによっては、

  • 3辺のサイズの合計によって決められた重量の合計と行き先で料金を決める
  • 荷物の総重量と行き先で料金を決める

僕が体験したのは、このどちらかの方法で料金が決められます。

 

ちなみに、後者の料金の決め方をするドライバーに当たった方が、若干料金が安くなります(^^♪

 

<サービス企画>

  • 荷物1個当たりの重さの制限は、30Kgまで
  • 荷物1個当たりの大きさの制限は、お荷物の3辺合計が200cmまで

ヤマト便は一般的な宅配便と違って、「サイズ」ではなく「総重量」で料金が決まるので、より大きくたくさんの重い荷物を送ることができるのです。

画像の送り状の赤枠で囲まれた数字は、僕が140サイズのダンボールを9箱送った時の箱数です。

 

この時の送料は、3422円でした。

計算してみると、3422円÷9箱 = 1箱380円

なんと、驚きの安さで送れてしまいます。

 

先ほど紹介したヤマト運輸の140サイズ基本料金だと、一箱1960円もかかってしまいます。

ヤマト便を利用すれば、なんと1580円も安く送ることができてしまいます。

 

割引・サービスを受けた時の送料と比べても、驚愕の安さですよね。

 

これぐらい送料が抑えられると、今まで送料がネックで取り扱うことができなかった商品でも、販売できる可能性が広がります!

 

このようにまとめて利用すればするほど、料金は安くなります。

料金体系などの詳細はコチラからご覧ください。

ヤマト便のサービス概要

 

さらにヤマト便は、集荷のサービスも受けることもできるのも大変便利です。

毎回何箱も営業所まで運ばなければならないのは、骨が折れるので助かりますね。

浮いた時間を有効に使って、さらに売り上げを拡大していきましょう。

 

大口契約を結ぶ

個別に配送業者と交渉して、送料を安くする方法もあります。

地域によって違いがありますが、年間の出荷数に応じて料金を設定しているところが多いです。

大口契約というと、法人化している企業(会社)というイメージを持つ方が多いですが、個人で契約できる場合も多いですよ。

 

僕は、年間200箱以上荷物を出す条件でヤマト運輸と契約しています。

交渉手段として、最寄りの営業所に電話して営業担当者に繋いでもらいましょう。

他の運送業者にも見積もりを出してもらって、集荷サービスができるかどうかなども詳しく聞いてから、一番お得だとおもえるところと契約するのがベストです。

 

交渉するときのポイントは、

  • 実際の量より多めに話を持ち掛ける
  • 今後事業を拡大して、取扱量が増える予定だと伝える

などとポジティブな姿勢を見せることで大切です。

 

上の料金表は、僕が契約しているヤマト運輸の価格表です。

基本料金に比べて、3割以上安く利用できる契約内容になっています。

契約できると、1年間で大きく送料が浮いてきますのでコスト削減が実現できます。

それなりに取扱量がある方は、面倒くさがらずにぜひトライしてみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

商品を数多く取り扱うビジネスをしている方にとっては、送料が発生することは避けて通れません。

近年の配送業者の値上げが相次ぎ、送料の負担が頭痛の種になっていることと思います。

 

でも今回紹介したサービスを利用すれば、少し工夫すれば何倍も安く利用できる計算になります。

これが年間で考えてみると、何十万という圧倒的な価格差が生まれることになります。

 

今回の記事をぜひ参考にして、経費を徹底的に削減するように努めましょう。

 

 

 

物販で成功するために必要な知識が学べる

    7大特典を無料でプレゼント。35歳を過ぎてからでも、副業で月収30万以上を安定して稼ぐことができた手法が学べる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

物販で成功するために必要な知識が学べる

物販で成功するために必要な知識が学べる

    7大特典を無料でプレゼント。35歳を過ぎてからでも、副業で月収30万以上を安定して稼ぐことができた手法が学べる