AmazonのFBAの仕組みを解説!FBAを利用する5つのメリットとは!?

 

せどり物販で売上を拡大するためには、

取り扱う商品量を増やす必要がありますね。

ただ、商品の数が増えると比例して

「梱包や発送作業を一人でこなすのは大変じゃないの?」

と不安になりませんか?

 

この梱包・納品は単純作業なのですが、注文数が増えるにしたがって

作業量が増え、だんだん負担になってきます。

 

そこで今回は、AmazonのFBAの仕組みと

FBAを利用する5つのメリットを紹介いたします。

 

僕はせどりを始める前に、FBAのサービスを知って

「このサービスを使えば、1人でもできるんじゃないか!」

と考えて、Amazon販売に挑戦しようと決意しました。

 

ぜひこの記事をご覧になって理解していただいて、

稼ぐきっかけになっていただけると嬉しいです。

AmazonのFBAの仕組み

FBAとは、正式には「フルフィルメント by Amazon」といいます。

その頭文字をとって、Amazon出品者の間ではFBAと省略して呼ばれています。

 

そのFBAと利用すると、お客様から注文を受けた商品の梱包から

発送業務、決済までをすべてAmazonに任せることができます。

 

もっとかみ砕いて流れを説明すると、

  • 販売
  • 商品の保管
  • 注文受付
  • 梱包・発送
  • 返品対応
  • 問い合わせ対応

こういった業務をすべて、Amazonが代行してくれます。

 

もし1人で全部やろうとおもったら、労力がかかりすぎて

商品のリサーチや仕入れに割く時間が取れなくなります。

忙しくなりすぎると、続けるのがしんどくなってきますよね。

 

なので、個人でAmazon販売をするために

FBAを利用するのは必須と言えます

 

Amazonの発送方法の種類

Amazonでは、そのFBAの配送サービスの他に、自己発送で販売する方法もあります。

では、それぞれの特徴を説明していきます。

自己発送の流れ

自己発送を使って商品を販売するには、まず商品をAmazonに登録します。

購入者から注文が入った場合は、発送までの対応はご自身で行うことになります。

 

納品書を印刷して梱包し、送り状を作成して発送する流れです。

ヤフオクやフリマアプリなどと同様のやり方ですね。

注文が入るたびに、1件1件いくつもの工程を全てこなさなければなりません。

 

自己発送の発送手順

仕入れ

商品登録

受注管理

梱包

発送

以上の工程を全て1人でこなすのは、

めちゃくちゃ骨が折れる作業です。

 

もし仮に100件の注文が入ったとしたら、

100通りの住所に発送しなければなりません。

 

在庫数が100点、200点と増えるにつれて、

1人ではいくら時間があっても足りないことになります。

作業時間に何時間もかかってしまい、

相当な肉体労働で負担も大きいです。

 

FBAの流れ

一方でFBAを使って商品を販売するには、まず商品を登録して

FBAを利用する為の納品プランを作成することになります。

 


次に、納品プランで作成した商品を指定されたAmazon倉庫に送ります。

そしてご自身が出品している商品に対して注文が入った時は、

Amazon倉庫の担当スタッフが発送手続きを代行してくれて

購入者に届けられます。

 


つまり、仕入れた商品を登録してAmazonの倉庫に送るだけで

その後の工程はAmazonが代行してくれるのです。

FBAを利用することによって、

圧倒的に業務を効率化することができるという

素晴らしいメリットがあるわけです。

 

その結果、物販で最も力を入れたい仕入れ時間が確保できることになり

大きく売り上げを伸ばす環境が作れますよ(^^)/

 

冒頭でも書きましたが、僕がAmazonせどりを始めようと決断したのは

この夢のようなFBAの代行サービスの存在を知ったからでもあるのです。

 

FBAを使えば、「これは、副業でもこなせるんじゃないか!」と、

胸が熱くなったのを思い出します!

 

AmazonのFBAを利用する5つのメリットとは!?

今までの記事で、Amazonで販売する場合には

自己配送とFBAの2つの方法があることを説明しました。

そして、FBAを利用したほうが作業時間が圧縮されて

効率よく作業を進めることができることもご理解いただけたと思います。

 

今度は、FBAを使うと商品が飛躍的に売れるようになる5つのメリット

具体的に紹介していきます。

 

5つのメリットを知ることで、

なぜFBAを活用すると売り上げを伸ばすことができるのか?

この部分がご理解いただけるかと思います。

 

では、早速見ていきましょう。

 

FBAのメリット① Amazonブランドを利用することができる

FBAを使って商品を販売すると、Amazonの商品販売ページには

「AMAZON.CO.JP 配送センターより発送されます」と表示されるようになります。

「Amazon」というブランドを有効活用させてもらう事で、自己配送の出品者よりも

FBAの方が売れやすくなるのです。

 

世界的に有名な「Amazon」という企業ブランドの名前を

自分の商品に掲載してもらうことで、

お客様に信用してもらうことができて商品が売れやすくなります。

 

ネットショッピングの場合は実店舗で買い物をするときとは違って、

商品を直接見ることができません。

 

そのため、

「きちんと商品が届くのか?」

「お金だけ取られて個人情報がバレてしまうのが心配」

「不良品が届いてしまうかも…」

と不安を持っている人も多いのです。

 

そのように慎重な購入者に対して、

Amazonから商品を発送します」

という表記があるとないでは、売れ行きに大きな違いがでてきます。

 

FBAを利用することによって、購入者の不安を取り除いてあげられるので

商品価値も上がることになります。

さらにAmazonブランドを使わせてもらうことで、

自己配送よりも高値で売る事もできます。

利益を底上げすることにもつながりますよ。

 

「信頼のおける天下のAmazonだから大丈夫だろう!!」

そういうお客様心理が働いて、

購買意欲を搔き立てられることになりますので、

売上にも大きく影響することになります。

 

FBAのメリット② 24時間体制の迅速・確実・丁寧なサービス

自己配送で販売していると、

仕事が遅くなって身動きが取れない

泊りがけの旅行に出かける

ゴールデンウィーク期間、お盆休み、お正月休暇

どんな時でも、もし手伝ってくれる家族やスタッフがいないなら、

注文が入ったらご自身で発送手続きを行わないといけません。

 

いつ注文が入るか予測できないので、

忙しい時に発送ができない日も出てくるでしょう。

落ち着いて休暇も取れない、外出もできないという不安が

常に付きまといますよね。

 

ですが、FBAを利用してAmazonの倉庫に商品を預けていれば、

注文が入ったら24時間365日、

Amazonスタッフが常に配送作業を行ってくれます。

 

FBAの配送サービスには、「お急ぎ便」という

プライム会員の方に対するサービスがあります。

注文すると、ほとんどの地域で当日か翌日に商品を受け取ることができるのです。

 

購入者としても商品はすぐに欲しい方が多いので、

やはりFBAの方が有利な点が多いのです。

 

FBAのメリット③ 送料無料で届けてくれる

Amazonの商品ページで「prime」と表示されている商品は、プライム商品となります。

FBAの配送サービスを利用している出品者は、

Amazonサイドが購入者に商品を配送してくれます。

送料はAmazonが負担してくれるので、

購入者は送料無料で商品を買うことができます。

 

※ただしAmazonのプライム会員に加入していない方は、

2000円以下の買い物だと送料がかかってしまいます。

 

購入者が商品を購入する時のポイントとして、

一円でも安く購入したい方がほとんどです。

上の画像のように、自己配送とFBAの商品が同じ価格帯なら、

購入者は当然のようにプライムの商品を買います。

 

Amazonブランドは迅速丁寧な発送方法で商品を届けてくれるので、

Amazonを利用する方にとっては安心感を持っています。

このようにFBAを利用することで、

自然と自己配送よりも売れやすくなるのです。

 

FBAのメリット④ 決済方法が豊富

上図のように、プライムマークが付いている商品では

購入者は「代金引換」の決済方法を選択することが可能です。

しかし、自己配送の場合はAmazonが定めた一定の基準を満たした出品者でないと

「代金引換」の決済方法を選ぶことはできないシステムになっています。

 

インターネットで商品を購入する人は、

キャッシュレス化が進んできたとはいえ「代金引換」を選ぶ人が意外と多いのです。

そんな理由から、「代金引換」の決済方法を選択できた方が商品が売れやすくなります。

FBAのメリット⑤ カート取得率が大幅にアップする

購入者は、商品カタログページから商品をカートに入れて決済をします。

そのため、商品を売れやすくするためには商品カタログページに表示される

カートを獲得する確率を上げる必要があります。

 

逆に言うと、カートを獲得できない商品は

販売価格を最安に設定していたとしても、

いつまで経っても商品が売れない可能性がでてくるのです。

 

この問題は、FBAを利用することで解決します。

自己配送よりもカートを大幅に獲得しやすくなりますよ。

 

とくに新品を販売する機会が多い出品者にとっては、

カートを獲得できないと売れゆきが悪くなってしまいます。

 

このことから新品せどりの場合は、FBAの利用が必須条件となります。

 

FBAを利用すると有利なポイント

商品を販売する数が増えれば増えるほど、購入者とやりとりする機会が多くなります。

 

  • 間違えて購入したのでキャンセルしたい
  • 他のショップで安い価格で売っていたからキャンセルしたい
  • イメージしていた商品と違ったので返品したい
  • 不良品なので交換してほしい

 

このような事態が起こった時に、自己配送の場合は自分でやり取りをして、

問題を解決しないといけません。

 

一方でFBAを利用していると、購入者とのやりとりは

Amazonのカスタマーセンターが全て代行してくれます。

キャンセルや返金作業も全てAmazonに任せておけば安心なのです。

 

ちなみに、僕はAmazon以外にも複数のショップを運営していますが

この購入者とメッセージのやり取りをする機会はけっこう多いです。

いかにAmazonのカスタマーセンターの存在が大きいかをひしひし感じます!

 

購入者とのやり取りは、クレームの場合かなりの労力を使いますので、

作業の効率化に大きく影響することになります。

FBAを利用するデメリットは?

さて、ここまでせどりで稼ぐためにFBAを利用すると

  • なぜ有利な点が多いのか?
  • なぜ売上を伸ばせるようになるのか?

を説明してきました。

 

でも、もちろん全ての面に対してメリットがあるわけではありません。

 

僕個人としては、あまり大きなマイナス要素だと考えておりませんが、

参考のためにデメリットも紹介しておきます。

FBAを利用するデメリット① 返品に対する規約が甘い

返品に関する件は、Amazonで販売するにあたり

一番のデメリットにあたると言えるのではないでしょうか。

 

FBAは、自己配送よりも返品に対するルールが緩いのが特徴です。

FBAで販売した場合、商品到着後30日以内だと返品規約が適用されます。

まさに「お客様第一主義」の経営方針です。

 

自己配送の場合は、購入者から返品に関するメッセージが届いて直接やりとりをします。

その際に、購入者都合のケースだと

返品を受け付けない意思を示すことができます。

 

しかしながら、FBAの場合は購入者がやりたい放題に

自由に返品できるシステムになっています。

 

とくに最近目立つ返品は、

  • 商品本体をすり替えられる
  • 購入者が使いたいだけ使って満足したら1カ月以内に返品される
  • 付属品や保証書がない状態で返品される

などの悪質な理由です。

 

上記の理由は、出品者が注意していても防ぐことは難しいので

唯一のデメリットと言えるかもしれません。

とくに高額な商品の返品は、辛いものがありますよね。

 

証拠が残るようにシリアルナンバーを控えたり、

商品画像を撮影しておく最低限の対策はしっかりしておきましょうね。

 

さらに返品対応しないことで、購入者によってはAmazonにクレームをつけて

アカウントが停止になってしまうリスクもあります。

 

Amazonの商品すり替え詐欺については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

よろしければ、あわせてご覧ください。

 

≪あわせて読みたい≫

Amazonの商品すり替え詐欺とは?返品の仕方と対策をご紹介!

 

誠実に店舗を運営していても、Amazonのさじ加減ひとつで

理不尽な出来事が起こってしまうのは仕方のない事です。

自己配送であろうとFBAであろうと、物販だけでなくどんな業界でも

お金を稼ぐことには必ずリスクが付きまといます。

 

リスクの無いビジネスなんて存在しません。

 

重要なのは抜け道を探しながらリスクと上手く付き合うことです。

 

あまり敏感になりすぎるよりも、売り上げを伸ばして利益を得ることに注力し

割り切って考えるのが賢明です。

 

FBAを利用するデメリット② 手数料が多く発生する

FBAは非常に便利な配送サービスですが、

自己配送に比べあらゆる販売手数料が発生してしまいます。

と言っても、手数料を支払ってでも自分の時間を捻出する為に

1人でせどり物販をやっているなら、絶対にFBAを使うべきだと私は断言できます。

前述した通り、FBAは自己発送よりも高く商品を販売することができます。

 

また、Amazonに在庫を保管してもらえるうえに

受注管理、梱包、発送までしてもらえます。

自己発送のほうが手数料はかかりませんが労力を考慮すると、

本人にかかる負担は圧倒的に少ないのです。

 

これらを計算に入れると、

僕はFBAを利用することで手数料が多く発生する点は、

そこまでデメリットではないとおもいますよ。

 

FBAを利用するデメリット③ 出品ミスに対して素早く対応できない

FBAで販売するためにAmazon倉庫に一度商品を送ってしまうと、

出品ミスをした時にすぐに修正がかけられません。

 

例えば、

「出品したいカタログと間違って登録してしまった・・・」

という凡ミスは、たまに起こしてしまいます。

 

そんな時にはAmazon倉庫から商品を返送をしてもらい、

一旦手元に戻して再出品する手間がかかってしまいます。

とはいえ、このような出品ミスは気をつけていれば

そんなに頻繁に起こる事でもないので、

とくに大きなデメリットだと僕は考えていません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

物販で稼ぐためには、

AmazonのFBAを利用したほうが有利な理由がご理解いただけたと思います。

 

  • 物販ビジネス初心者
  • 昼間に働いていて副業に割ける時間が少ない人

にとっても、爆発的に売り上げを伸ばすことができる画期的な配送サービスですよね。

 

物販初心者の人ほど、手数料がもったいない理由でFBAを使っていない人が多いです。

 

ただし、少ない労働力で大きく稼ぐためには

ある程度の単純作業は手数料を払ってでも他人に任せるという発想が、

最短ルートで稼ぐ秘訣です。

 

ぜひFBAを有効に使って、自分の時間を確保しつつ売上を伸ばして行きましょう。

 

物販のなかでもとくにせどりは、

正しいノウハウを学んで素直に継続し実践すれば必ず稼げるようになります。

 

僕のメルマガでは、日々のせどりの実践記や稼ぐためのノウハウを配信しています。

 

登録していただいた方には、

・【7大特典】物販で成功するために必要な知識が学べる

無料プレゼントがあります

 

まだメルマガに登録していない方は、コチラから!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【今すぐ無料で登録する】

 

 

ツイッターでは、トレンド商品の紹介の他にも、その日に稼いだ商品、面白くてためになる情報をいち早く流していますよ。

ツイッター登録はコチラ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物販で成功するために必要な知識が学べる

    7大特典を無料でプレゼント。35歳を過ぎてからでも、副業で月収30万以上を安定して稼ぐことができた手法が学べる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です