確定申告をしたら会社にバレないのか!?

こんにちは、リョウジです。

 

せどりに興味を持っている人や、これからせどりを勉強してみたい人から、

「副業が会社にバレるのが怖いのですが、何かいい対策はありますか?」

という質問をいただくことが増えてきました。

 

確かに、僕もせどりをスタートさせた頃は不安を抱いていました。

「会社にバレて面倒な事になるのは避けたい!!」

と心の中で踏ん切りがつきませんでしたよ。

 

でも、当時コンサルを受けていた師匠からアドバイスをいただいてから、安心してせどりに取り組むことができました。

 

  • 「副業を始めたいけど、いつ会社にバレるかビクビクしている。」
  • 「不安をかかえたままだとせどりに集中できない。」
  • 「会社に後ろめたい気持ちを持ってしまう。」

 

このような心配をしている方は集中して行動が起こせず、せどりの売り上げを伸ばすのにマイナスにしかなりません。

 

副業が会社にバレないようにする方法は、とってもカンタンです。

この記事で不安を払拭して稼ぐことだけに注力しましょうね。

 

なぜ副業が会社にバレてしまう可能性があるのか?

一体なぜ副業をしているのが会社にバレるのかといいますと、

それは住民税が上がるからです。

 

副業で稼いだら所得も増えますので、そのぶん住民税が上がります。

 

会社の給与計算をおこなう経理担当者が、

「この従業員は給料が変わってないのに、なぜ住民税が高いのかな!?」

と不思議に感じてバレる可能性があるということです。

 

と言っても、実際は総務がいちいち個人の税金額など気にしていないものです。

仮に会社に指摘されたとしても、家にあった価値のあるアンティークや骨とう品を売却したなどと答えておけばいいですよ。

 

今の時代、気軽に株や不動産にも手を出しやすいので、個人の収入について深く追求してくることは少ないです。

 

しかし、

「絶対にバレたくない!!」

という方は、次に紹介する方法でガッチリ対策しましょう!

 

副業が会社にバレないようにする方法は、超ラクラク

 

副業をしている方は、年間で所得20万を超えたら

「確定申告」をしなければなりません。

 

確定申告で提出する確定申告書の、

「住民税に関する事項」の自分で納付の欄(上図の赤枠で囲った箇所)にチェックを入れるだけです。

なんと、たったこれだけの作業で住民税の支払いを自分でするように申告できるのです。

とってもカンタンですよね。

これで住民税の問題は払しょくできましたね。


※注意点


役所の担当者は、膨大な量の書類を手作業でチェックしているので、住民税を自分で納付にチェックして提出しても、見逃される可能性があります。

一番確実な方法は、電話で確認するか直接役所に足を運んで

本当に「住民税を自分で納付」にチェックが入っているかどうかを自身の目で確かめることです。

 

無申告は絶対に避けるべき

 

さきほど、副業をしている方は年間で所得20万を超えたら

「確定申告」をしなければならないと述べました。

 

要点だけ書き出しますと



・専業(給与所得でない人)=年間所得38万円
・副業(何処かにお勤め)=年間所得20万円 



を超える場合に確定申告の対象となってきます。



「自分はそんなに稼いでいないからバレないだろう!」

って放っておかないでくださいね!

 

税務署は全てお見通しで、3年ぐらいはわざと泳がせておいて

後々に数年間の税金(未納分+滞納金)という大金を持っていかれるわけです。

 

延滞金は何百万という額になる場合もあるので、

無申告は絶対に避けるべきです!


「恐ろしすぎます。」





私は実際に税金に関連する本を何冊も読んでみましたが、

はっきりわかったのはプロにお願いするのが一番だということです!



顧問料がもったいないからと、自分で帳簿作成を付けている人もいらっしゃいます。



所得が少ないうちは負担になりませんが、事業が順調で売り上げが上がっていくのに比例して、帳簿作成する時間もかかっていきます。




ましては、年末商戦の稼ぎ時に確定申告の準備などしていられないのです。




税務のことで負担になりすぎて、私も売上が伸び悩んだ年もありました。



でも、会計事務所の税理士さんと契約して

「全て丸投げ」

でお願いすることによって環境がガラッと変わりました。



税金の事を考える必要がなくなってから、せどりに集中することができて売上が飛躍的に上がりましたよ。

 

税理士さんとの交渉は、5件ぐらいの会計事務所に出向いてお話させてもらいましたが、今契約している大阪の事務所さんが一番条件がよかったです。

 

実際に足を運んで話を聞いてみると、会計事務所によっては顧問料が2倍もの開きがあって、驚きの事実が発覚したこともいい勉強になりましたよ。

 

税理士さんをお探しの方や相談したい方は、僕に気軽に問い合わせをしてみてくださいね。

 

まとめ

 

このように、せどりで副業をしているのが会社にバレないようにする方法はカンタンです。

住民税の払い方にだけ注意していれば、まず安心ですので全力でせどりに取り組んでいきましょう。

また、確定申告は絶対に行うようにして自分の身は自分で守っていきましょう。

帳簿作成が負担になり税務のことで悩んでいる方は、会計事務所にお願いするのも一つの手段です。

さらに売上を伸ばしていくには、プロに任せる方法も検討してみましょうね。

物販で成功するために必要な知識が学べる

    7大特典を無料でプレゼント。35歳を過ぎてからでも、副業で月収30万以上を安定して稼ぐことができた手法が学べる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

物販で成功するために必要な知識が学べる

物販で成功するために必要な知識が学べる

    7大特典を無料でプレゼント。35歳を過ぎてからでも、副業で月収30万以上を安定して稼ぐことができた手法が学べる