せどり物販の効率化におすすめ!「プライスター」を徹底解説します!

こんにちは、リョウジです。

 

Amazonで商品を販売していく上で、

「売上が上がるのは嬉しいけど、価格の改定や商品管理などが大変・・

とお悩みを抱えている方は多いものです。

 

そこでAmazonでの販売をよりスムーズに行うために「プライスター」の導入をオススメしています。

 

プライスターを使うことによって、効率的に時間を短縮化することができます。

ぜひ今回のプライスターの記事を参考にしてみてください。

 

せどり物販の効率化に「プライスター」おすすめする理由

プライスターを使うことで、せどりや物販に費やす時間が大幅に減少することができます。

出品作業や価格改定の項目をプライスターの便利な機能のおかげで、効率よくスピーディーに行うことができます。

その浮いた時間を、リサーチや仕入れに力を注ぐことで売上をアップさせることも難しくありません。

 

注文情報が把握しやすい

プライスターでは、

  • 注文日
  • 価格
  • 利益額(Amazonの手数料を引いた利益)
  • 販売個数
  • 在庫数

などを素早くキャッチすることができます。

 

ハッキリ言って、Amazonのセラーセントラルよりも断然見やすいですよ。

売れた商品の利益がすぐに分かるので、ビジネスをしている実感も断然あります。

 

プライスターの主な機能

プライスターの利用料金は月額制になっています。

 

登録から30日間は無料で利用できます。

お試し期間中に便利な機能を体験できますよ。

自分に合わないと感じたら、無料期間中に解約できます。

 

プライスター日本版30日間無料

 

2ヶ月目以降は毎月5,280円(税込)となっています。

 

プライスターはサーバー上で動作するので、

わざわざインストールをする手間はありません。


WindowsだけではなくMacやiPhoneなど様々なデバイスから

アクセスすることが可能なのも嬉しいポイントです。

 

プライスターの主な機能は、

  • 自動価格改定
  • 売り上げなどの自動計算
  • カンタン出品

が中心になります。

 

自動価格改定

プライスターでは、利用者が出品している商品の価格を24時間自動で改定してくれます。

出品数が多ければ多いほど、この価格改定に労力と時間がかかってしまいます。

他のライバルである出品者の価格変動を

常に見張っていることは、あまりにも非効率ですよね。

 

Amazonでより売上を伸ばすためには、

商品の回転速度を上げることが重要です。

 

自動価格設定機能を使うことは、必須と言えます。

 

ちなみに価格設定の際には、

「カートボックスに合わせる」

「FBA価格と合わせる」

など細かく設定することが可能です。

 

  • 他の出品者よりも早く売りたい
  • できるだけ高く売りたい

場合など、それぞれの戦略に合わせて

活用していくようにしましょう。

 

またプライスターは、

商品毎に赤字ストッパーの記入欄があります。

そのため、刈り取りなどの急激な値下げにも

怯えることはありません。

 

売り上げなどの自動計算

プライスターは、仕入れ値や経費を入力しておくことで

毎月の売上分析を一覧表でチェックできます。

Amazonに支払う手数料も自動で計算されるので、

正確な利益もわかります。

このように、売上だけでなく手数料や経費を引いた利益額の計算を

プライスターが行ってくれるので、細かい分析ができます。

良かった点や反省点が見つけやすいので、

プライスターを導入することで今後の経営戦略にも役立ちますね。

 

カンタン出品

プライスターでは、

  • 出品方法(自己発送とFBA)
  • カテゴリー
  • コンディション

それぞれコンディション説明文を作っておいて設定しておけば、

プライスターが自動で入力してくれます。

 

出品したい商品をひとまとめにして

作成することができるので、とっても便利です。

プライスターの出品機能は、

納品作業を大幅に削減することができる優秀なツールです。

 

プライスターの登録方法

プライスターへは簡単に登録することができます。

こちらで具体的な流れを紹介いたします。

 

①プライスターへアクセス

プライスターの登録はコチラからどうぞ!

プライスター日本版30日間無料

 

②Amazon-MWSとの接続設定を行う

ちなみにAmazon-MWSは、

出品アカウントが大口出品の場合のみ利用することができます。

もし現在小口出品の場合は利用することができませんので、

大口出品へと変更しておきましょう。

 

※小口出品への変更は「アマゾン出品サービス」より行うことが可能です。

ここでAmazon-MWSとの設定を行います。

Amazon-MWSはコチラ

Amazon-MWSとの接続設定が完了すれば、プライスターを無事に利用することができます。

なおAmazon-MWSとの接続設定についてはプライスターのサイトで細かくマニュアルとして記載されています。

不明な点がございましたら、こちらから確認してくださいね。

プライスターかんたんマニュアル

 

まとめ

プライスターはその他にも、

「購入者へのサンクスメールの自動送信機能」

「棚卸在庫高の算出機能」

など様々な優れた機能を備えているので、

多くの人から支持を受けるおすすめできるツールです。

 

空いた時間は更にリサーチへ費やすなど工夫をすることによって、

より大きな売上を出すことにもつながります。

 

プライスターは30日間無料で使うことができます。

プライスターの登録はコチラからどうぞ!

プライスター日本版30日間無料

 

自分に合うかどうかは、

試しに使ってみた方が早いです。

無料期間内に必要かどうか十分判断できますよ。

 

月額利用料金が高いとおもっている方は、

必要経費と割り切ることで

もう一つ上のステージに立てるチャンスが広がっていきますよ。

 

物販で成功するために必要な知識が学べる

    7大特典を無料でプレゼント。35歳を過ぎてからでも、副業で月収30万以上を安定して稼ぐことができた手法が学べる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です