クロスマを導入する5つのメリットと機能を紹介!販路を拡大して自動化を進めよう!

今回は、クロスマという併売ツールを紹介します。

クロスマを導入すれば、

ワンクリックでAmazonの商品データを取り込めて、

かんたんにヤフーショッピングや楽天に出品できます。

 

「販路を増やしたいけど、管理が大変そうなので一人ではキビしい」

「Amazonだけに依存するのは怖いので、リスクを分散したい」

「Amazonで販売できない商品を売りたい」

こんな疑問や悩みにお答えします。

 

「クロスマ」は、僕が4年以上愛用しているツールです。

個人で販路を複数持つには、

クロスマは欠かせないと断言できます。

 

今回は、僕が長年クロスマを使ってきた体験談も含めて

導入するメリットや便利な機能を紹介していきます。

 

この記事を読んで分かること

  • クロスマを導入するメリットがわかります

  • クロスマで売上げを伸ばすテクニックが学べます

記事の信頼性

≪僕の実績≫

この記事を書いている僕は物販歴6年です。

経済的・時間的自由を手に入れ、充実した毎日を過ごしています。

 

 

サラリーマンをしながらせどりをしていた頃のAmazonの売上です。

 

 

 

 

 

現在は複数のネットショップを運営してキャッシュポイントを増やしています。

 

 

 

上図の売上は、ヤフーショッピングの1カ月分の売上です。

300万以上売り上げても、

クロスマを導入して自動化できているので、

1人でも楽ちんです(^^♪

クロスマは公式に認められているツール

引用元:Yahoo!JAPANコマースパートナーマーケットプレイス

 

クロスマは、ヤフージャパンやAmazonでも

公式に紹介されているので安心して使えることができます。

 

そのため、Amazonの仕様やルールが変更になって

急に使えなくなることはあり得ないので、心配いりません。

 

クロスマを導入する5つのメリット

クロスマの申し込みはコチラ

物販で安定して売上を拡大していくためには、

販路を複数持つ必要があります。

 

販路を拡大する手段として、

「クロスマ」を使うことで大きなメリットが得られます。

 

クロスマを使う5つのメリット

在庫の回転率が上がって利益が増える

販路を増やすことでキャッシュフローがよくなる

販売手数料が販路ごとに違うので、販売価格を調整できる

Amazonで販売できない商品を売ることができる

あらゆる作業を自動化することで、経費と労力を減らせる

在庫の回転率が上がって利益が増える

販路を増やすことで、商品の売れる確率が上がります。

在庫の回転率が上がることにつながるので、利益額が大きくなりますね。

もちろん、Amazonの在庫に24時間連動しているので

売り切れの心配をしなくてすみます(^^♪

 

販路を増やすことでキャッシュフローがよくなる

販路が増えると、在庫回転率が上がるということになりますね。

そのため、資金繰りがよくなります。

商品が売れるまでの時間が短くなることで、

仕入れ量を増やすことができるので、

どんどん売り上げを大きくできますよ。

 

販売手数料が販路ごとに違うので、販売価格を調整できる

販路を一つしか持っていないと、他の出品者と価格を合わせなければ

カートが取れないので売れませんよね。

 

ですが、お客さんの中には

  • Amazonでしか買わない
  • 楽天でしか買わない
  • ヤフーショッピングでしか買わない

という人がかなりいます。

 

例えば、ネットでのお買い物は

ヤフーショッピングしか使わないという人は、

Amazonの価格より多少高くても買ってくれます。

 

ひいきにしているモールからしか買わない人は、

いちいちAmazonや楽天の価格はチェックしません。

 

なので、販路を増やすと

さまざまな戦略を立てることができますよ。

 

Amazonで販売できない商品を売ることができる

近年、Amazonでは知的財産権や商標権の侵害の問題で

商品が削除されることが増えてきました。

せっかく売れると思って仕入れた商品の売り先がなければ

本末転倒です(;^_^A

 

また、

  • PSE認証のない商品
  • 危険物審査中

などが原因で、突然商品カタログが消えることもたびたびあります。

こんな経験ありませんか?

めっちゃ困りますよね。

 

でも、販路を複数持っていると焦ることはありません。

「急に販売できなくなるかも」

とビビることなく仕入れに注力できます。

 

あらゆる作業を自動化することで、経費と労力を減らせる

クロスマのような併売ツールを使わないと、

  • 商品の出品画像を用意
  • 商品ページの作成
  • 注文が入ったら、商品手配
  • 受注受付メール
  • ステータスの変更
  • 商品発送完了メール
  • 未入金購入者への催促メール
  • 在庫管理

全て手動でこなさなければなりません。

作業量が多すぎて労力がかかりすぎます!

 

僕はヤフーショッピングを開店して、1カ月で痛感しました。

メリットのほうがはるかに大きいと考え、

2カ月目から「クロスマ」を使い始めましたよ。

 

また、クロスマは月額=14,800円(税別)かかりますが、

スタッフ2~3人分の働きをしてくれます。

 

なので、ショップを運営するスタッフを雇うよりも

はるかに安くてすみますよ(^^♪

 

クロスマを使うのに、デメリットはありますか?

デメリットはとくにありません。

あえて言うなら、ツール利用代がそこそこかかりますので、

Amazonの売上が100万未満の方は、

まずは手動でがんばってみる手もあります。

 

さきほど紹介した5つのメリットを考慮して

長期的にみれば、早くクロスマを導入したほうがいいと考えます。

 

クロスマの便利な機能

クロスマの申し込みはコチラ

出品機能

クロスマの便利な点は、Amazonより商品データをワンクリックで取得できることです。

取り込んだデータは個別で編集できて、ワンクリックで出品したいモールへ登録できます。

※ヤフーショッピングや楽天で出品規制がかかっているものを

自動的に除外して、取り込みを禁止する機能も付いています。

 

価格設定機能

クロスマでは価格改定ルールを独自に設定できます。

約15分間隔で価格を自動改定してくれます。

なので、

「Amazonより500円高く売りたい!」

商品があれば、自由に価格を調整することができますよ。

 

在庫連動機能

クロスマで在庫調整ルールを設定することができます。

自動で調整してくれるので、

  • 在庫切れによる注文キャンセル
  • 販売機会の損失

などのトラブルを未然に防げます。

 

受注発送・メール送信機能

  • 受注
  • 発送完了
  • キャンセルメッセージ
  • 未入金催促メール

面倒なメール配信を自動で行ってくれる優れものです(^^♪

その上、なんと

FBAマルチチャネル依頼はクロスマが自動的に処理してくれます。

 

FBAマルチチャネルに関しましては、

コチラの記事をご覧ください。

≪あわせて読みたい≫

クロスマで売上を伸ばすには!?

クロスマを利用すれば、ある程度の売上は見込めます。

 

ですが、ただ単にAmazonで売っているモノを併売しているだけでは

ライバルと差別化を図ることができないので、

想像していたより商品は売れません。

Amazonで出品できない商品を販売

さきほども書きましたが、

Amazonでは知的財産権や商標権の侵害の問題で

商品が削除されて販売できない

メーカーや代理店しか販売できない

ケースが増えてきています。

 

さらに、

  • PSE認証のない商品
  • 危険物審査中

などが原因で、突然商品カタログが消えることもあります。

 

そんな商品を他のモールで売ることで、

売り上げを伸ばすことができます。

Amazonに出品していない商品なので、

手動で商品を登録しなければなりませんが

その分ライバルが少ないので十分勝負できます。

 

僕は、この手法で1カ月で100万以上稼いだことがありますよ(^^)

 

まとめ

今回の記事で、クロスマを導入するメリットや便利な機能を

理解していただけましたか?

  • 商品の登録
  • 価格改定
  • 在庫管理
  • 受注発注・メール送信

これらの面倒くさい作業を、クロスマを導入することで解決できます。

経費削減にもなりますので、Amazonの月商100万を目安に検討してみてください。

 

販路を複数持つことで、

Amazonだけにしがみつく経営方針を変えるきっかけになります。

精神的にも余裕が生まれて、

モチベーションもアップして、より物販が楽しくなりますよ!

 

クロスマの申し込みはコチラ

 

≪あわせて読みたい≫

物販で成功するために必要な知識が学べる

    7大特典を無料でプレゼント。35歳を過ぎてからでも、副業で月収30万以上を安定して稼ぐことができた手法が学べる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です