【Amazonせどり】商品が返品された時の手続き方法!

Amazonで販売している出品者が避けて通れないことは、

購入者から返品ですよね。

Amazonは集客力がめちゃくちゃ高いので、

商品が売りやすい一方で、

返品作業がかんたんにできてしまう一面もあります。

そのために、出品者に落ち度がないケースでも

返品が受け付けられる場合があります。

 

僕も一時、この返品の問題で悩んだ時期があります。

ですが、Amazonのプラットホームで販売させてもらっている限り

Amazonが定めた規約に従うしかありません。

 

ただし、返品された商品の状態によっては

対処の仕方が変わってきます。

 

そこで今回は、Amazonで販売した商品が返品された時は

どのような手続きが必要なのかを詳しく解説していきます。

Amazonで返品された商品の確認方法

メールで通知を受けとる

返品されたかどうかを知る方法は、

出品アカウントを作成した時に登録したメールアドレスに

Amazonからの返金通知で確認することができます。

返金通知が届かない方は、セラーセントラルの「設定」項目の通知設定で確認しましょう。

 

この通知設定では、返品に関する項目のほかにも

  • 注文通知
  • 購入者のメッセージ
  • アカウント関連の通知

など設定変更が可能です。

 

外出時にもメールで知ることができるので、

迅速な対応をしなければならない時に役立ちます。

また、問題が起きた時は素早く処理することで

お客様の信頼を得ることにもなりますね。

返品レポートから確認

セラーセントラルのレポート項目からも、

Amazonで受領した購入者からの返品商品を確認できます。

①セラーセントラルの管理画面のレポート項目から、フルフィルメントをクリックします。

 

②次に、左側のサイドバーから返品レポートをクリックします。

③返品レポートのページに切り替わりますので、

表示させたいレポート期間を選択して

「レポートの生成」をクリックします。

 

すると図のように、返品された商品が一覧で表示されます。

このレポートが便利なのは、

  • 商品の状態
  • 購入者の返品理由

を確認することができる点です。

なかには出品者側の責任ではなく、

納得できない返品理由の商品もありますね。

 

次に、返品処理された商品は

どのような手続きを行えばいいのかを見ていきましょう。

 

返品処理された商品はどう扱えばいいの?

返品された商品の状態によって、対応の仕方が変わってきます。

 

商品の状態が「販売可」の商品は、

管理画面にSKUが残っていれば自動的に在庫商品として販売されます。

商品の状態が「開封済もしくは不良品」の商品は、

販売不可商品に分類されます。

 

販売可の商品は、特に出品者側が手続きをしなくても再出品されます。

購入者の届け先が不明な理由などで、

商品が受け取られなかった場合は

開封されていない状態のままです。

この場合は、Amazon側が「再出品が可能」と判断を下して

出品者の販売在庫に移動されます。

 

ですが、Amazon倉庫に戻ってきた商品が未開封の状態のままでも

シュリンクが破れていたりキズや汚れが確認された場合は、

「販売不可商品」として分類されることもあります。

 

返品された商品が再出品できない場合の対処方法

商品の状態が「開封済もしくは不良品」の商品は、

Amazonサイドでは再出品できるかどうかを判断してくれません。

戻ってきた商品の開封シールが切られていたりして、

再度販売が可能かAmazon再度が判断できない場合なども

「販売不可商品」に分類されます。

 

そのため、販売不可になっている商品をどうするかを

出品者側が決めなければなりません。

 

販売不可商品を確認する方法

セラーセントラルから、返送手続きをする

販売不可になった商品は、出品者が一度手に取って状態を確認する必要があるので

セラーセントラルから返送手続きを行いましょう。

在庫管理のメニューバーのすぐ側の

「販売不可在庫の返送/所有権の放棄」をクリックします。

あとは案内に沿って返送手続きを完了させましょう。

 

注意点:返送手続きができない商品

稀に、Amazon側の責任によって図のようなメッセージが表示される時があります。

この場合は、出品者側が特に手続きをする必要はありません。

Amazonが責任を負いますので、数日後に補填手続きが行われます。

 

この通知も、登録したメールアドレスに補填通知が届きます。

 

しかし、一向に補填手続きがされないケースもあります。

僕も何度か経験していますが、1カ月以上経っても補填されない時は

テクニカルサポートに問い合わせてみましょう。

 

気づかずに放置しておくと、仕入れた金額が全て失われることになり

出品者の丸損になります。

こういった経験から、僕はエクセルで返品商品を管理する表を作成して

定期的にチェックするようにしています。

自分の身は自分で守っていきましょうね。

 

 

返送された商品がAmazonで再販できない場合

手元に戻ってきた商品を検品した時に、

動作不良であった場合は新品ならば

メーカー保証が受けられますので修理を依頼しましょう。

 

新品と交換してもらえた時は、

「新品」コンディションでAmazonで出品できますね。

もし修理になった場合は、

「ほぼ新品」のコンディションで販売することができます。

 

販売不可になった商品が、メーカー保証期間が過ぎてしまっていたり

中古品を販売して動作不良だった商品は、

ヤフオクなどでジャンク品として販売するという方法もあります。

 

リサイクルショップで中古品を仕入れた場合は、保証期間内であれば返品しましょう。

仕入れた時のコンディションや保証期間など、さまざまなケースがあります。

少しでも現金化できるように最善策を考えて実行しましょう。

 

悪質なすり替え詐欺にあった場合

万が一、悪質なすり替え詐欺に巻き込まれてしまった場合の対処法は、

コチラの記事に詳しく書いてあります。

よろしければ、あわせてご覧ください。

Amazonの商品すり替え詐欺とは?返品の仕方と対策をご紹介!

 

まとめ

Amazonで販売した商品が返品される理由は、実にさまざまです。

理不尽な理由で返品されるケースもありますが、

Amazonが定めたルール(購入日から30日以内は返品可能)に従わなければなりません。

 

販売不可になってしまった商品は、

放置したまま一定の期間を過ぎると自動的にAmazon側で廃棄されます。

必ず定期的に確認して、

少しでも現金化するように最善策を考えるようにしましょう。

 

また、返品理由が原因でAmazonから改善報告書を

求められる事態に発展することがあります。

 

対応を誤ると、アカウント停止や閉鎖につながることがあります。

僕が書いた改善報告書の記事を張っておきますので、

よかったら参考にしてくださいね。

物販で成功するために必要な知識が学べる

    7大特典を無料でプレゼント。35歳を過ぎてからでも、副業で月収30万以上を安定して稼ぐことができた手法が学べる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です