せどりの作業を効率化させる「プライスター」を徹底解説します!

こんにちは!リョウジです。

 

アマゾンで商品を販売していく上で、価格の改定や商品管理などが大変・・

とお悩みを抱えている方は多いものです。

そこでアマゾンでの販売をよりスムーズに行うために「プライスター」の導入をオススメしています。

 

プライスターを使うことによって効率的に時間を短縮化することができますので、
こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

 

プライスターの主な機能・特徴・使い方について

 

プライスター日本版30日間無料

 

 

プライスターとはアマゾンせどりに関連する以下の機能を備えた優秀ツールです。
こちらを導入することでアマゾンでの販売をより優位に進めることができるようになります。

 

プライスターの主な機能

 

・自動価格改定機能

・売り上げなどの自動計算機能

・簡単出品機能

 

以前は月額費用は5900円でしたが、(圧倒的な人気を誇り)利用者数が増えたため現在では利用料金は以下のように値下げがされています。


・料金は30日間は無料

・1年目は月額4800円

・2年目は月額3900円

 

ちなみにサーバー上で動作するので、わざわざインストールをする手間はありません。
WindowsだけではなくMacやiPhoneなど様々なデバイスからアクセスすることが可能なのも嬉しいポイントです。

 

プライスターの特徴・使い方

 

プライスターの機能の中で最もおすすめな機能は「自動価格設定機能」となります。
もし仮に自分一人で価格設定を全て行おうとした場合は手作業で行わなくてはならなく、膨大な時間を要します。

 

一方でプライスターを使えば24時間自動で価格の自動変更を行ってくれるようになります。

 

価格の変更は3〜5分感覚で行われるため、より商品販売の回転速度も早くなることが大きなメリットとなります。アマゾンでの販売を続ける上で、より売上を大きく上げるために自動価格設定機能を使うことは必須と言えるでしょう。

 

ちなみに価格設定の際には「カートボックスに合わせる」「FBA価格と合わせる」など細かく設定することが可能です。他出品者よりも早く売りたい場合や、できるだけ高く売りたい場合などそれぞれ戦略に合わせて活用していくようにしましょう。

 

その他にも「売上管理機能」「出品機能」など多くの機能を兼ね備えたツールであり、コストパフォーマンスの面においても優れているのが特徴です。

 

プライスターの登録方法

 

プライスターへは簡単に登録することができますのでこちらで具体的な流れを紹介いたします。

 

①プライスターへアクセスする

 

プライスターの登録はコチラからどうぞ。

プライスター日本版30日間無料

 

②アマゾンMWSとの接続設定を行う

 

ちなみにアマゾンMWSはアマゾンの出品アカウントが大口出品の場合のみ利用することができます。

もし現在小口出品の場合は利用することができませんので大口出品へと変更しておきましょう。

 

※小口出品への変更は「アマゾン出品サービス」より行うことが可能です。

 

ここでアマゾンMWSとの設定を行います。

アマゾンMWS

 

こちらのアマゾンMWSとの接続設定が完了すればプライスターを無事に利用することができます。

なおアマゾンMWSとの接続設定についてはプライスターのサイトで細かくマニュアルとして記載されていますので必要に応じて目を通しておくようにしましょう。

プライスターかんたんマニュアル

 

まとめ

 

プライスターはその他にも「購入者へのサンクスメールの自動送信機能」「棚卸在庫高の算出機能」など様々な優れた機能を備えているので多くの人から支持を受けるおすすめツールです。

 

空いた時間は更にリサーチへ費やすなど工夫をすることによって、より大きな売上を出すことにもつながります。

 

プライスターは30日間無料で使うことができるので、出品作業や価格改定に追われて悩んでいる場合は是非導入してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です