経費を徹底的に削減!!せどりで送料を最小限に抑えるための方法とは!?

こんにちは。リョウジです。

 

せどりで継続的に安定した利益を出し続けるためには、

「経費をいかに抑えるか」

が重要なポイントになってきます。

 

2017年の後半から、大手配送業者による運賃の値上げが相次いでいますよね。

 

経費の中でも、特にこの送料が大きな負担となり頭を悩まされている方も多いのではないでしょうか?

 

せっかく利益が出る商品を見つけることができても、大型サイズの商品などは送料が高くて利益が吹き飛んでしまう!

なんてことはよくある話だとおもいます。

 

そこで今回は、どのようにして送料を最小限に抑えて利益を確保すればよいのか?

を解説していきます。

 

送料は具体的にどれぐらい値上げされたのか!?

 

2018年の3月から、ゆうパックが大幅な値上げに踏み切りました。

私たちが支払う料金は一体いくらになったのか、運賃値上げ前後の料金比較を図にしました。

※ 例として、関西地方から関東地方まで発送した際のゆうパックの料金となっています。

 

サイズ 値上げ前 値上げ後
60サイズ 840円 950円
80サイズ 1,070円 1,180円
100サイズ 1,280円 1,410円
120サイズ 1,500円 1,660円
140サイズ 1,720円 1,910円
160サイズ 1,930円 2,120円
170サイズ 2,250円 2,480円

 

値上げ前でも随分高かった印象ですが、さらに厳しい価格になってしまいましたね。

他の配送業者も同じような価格帯まで値上げが実施されました。

 

ちなみにせどりをしている方は、アマゾンのFBA倉庫へ送る時に高い割引率が得られるパートナーキャリアのサービスを利用していた方も多かったのではないでしょうか?

しかしながら、2018年の5月にゆうパックの基本運賃と同額に改定されましたので、利用するメリットはなくなってしまいました。

 

また、アマゾンFBA倉庫へ格安で納品できるCC便のサービスも、利用者が殺到しすぎて荷物が捌ききれず、早々と経営破綻に追い込まれました。

 

 

送料を最小限に抑えるための方法とは!?

 

せどらーにとっては、相次ぐ値上げラッシュにより冷たい逆風が吹き荒れましたが、ここで簡単に諦めてはいけませんよ。

いつ誰でも非常に安く利用できるお得なサービスがあるので、ここから紹介していきます。

 

まとめて送るなら、ヤマト運輸のヤマト便を利用しよう。

 

ヤマト便は、荷物の「サイズ」と届け先の「エリア」で運賃が計算されるのではなく、「総重量」と「エリア」で決まります。

<サービス企画>

  • 荷物1個当たりの重さの制限は、30Kgまで
  • 荷物1個当たりの大きさの制限は、お荷物の3辺合計が200cmまで

ヤマト便は一般的な宅配便と違って、「サイズ」ではなく「総重量」で料金が決まるので、より大きくたくさんの重い荷物を送ることができるのです。

 

 

画像の送り状の赤枠で囲まれた数字は、私が160サイズのダンボールを6箱送った時の金額です。

 

計算してみると、5050円÷6=一箱841円

先ほど紹介したゆうパックの160サイズ基本料金だと、一箱2120円もかかってしまいます。

なんとヤマト便を利用すれば、1279円も安く送ることができてしまいます。

 

驚愕の安さですよね。

これぐらい送料が抑えられると、大型商品を仕入れることもどんどん可能になりますよ。

まとめて利用すればするほど、料金は安くなります。

 

料金体系などの詳細はコチラからご覧ください。

ヤマト便のサービス概要

 

また、ヤマト便は補償金額が1万円につき、10円の保険料を支払うだけで加入することができます。

もしもの事故に備えて必ず入るようにしましょう。

 

さらに集荷のサービスも受けることもできるのも大変便利です。

毎回何箱も営業所まで運ばなければならないのは、骨が折れるので助かりますね。

 

大口契約を結ぶ

 

個別に配送業者と交渉して、送料を安くする方法もあります。

地域によって違いがありますが、年間の出荷数に応じて料金を設定しているところが多いです。

 

大口契約というと、法人化している企業(会社)というイメージを持つ方が多いですが、個人で契約できる場合も多いですよ。

 

私は、年間200箱以上ゆうパックを利用する条件で日本郵便と契約しています。

交渉手段として日本郵便なら、最寄りの郵便局に電話して営業さんに繋いでもらいましょう。

ヤマト運輸や佐川急便なら、決定権を持つ営業所長さんと交渉することになります。

 

交渉するときのポイントは、

  • 実際の量より多めに話を持ち掛ける
  • 今後事業を拡大して、取扱量が増える予定だと伝える

などとポジティブな姿勢を見せることで大切です。

 

上の料金表は、私が契約しているゆうパックの価格です。

基本料金に比べて約半額で利用できる契約内容になっています。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

商品を数多く取り扱うせどりビジネスは、送料が発生することは避けて通れません。

近年の配送業者の値上げが相次ぎ送料の負担が頭痛の種になっていることと思います。

 

でも今回紹介したサービスを利用すれば、たった一箱でも約2倍安く利用できる計算になります。

これが年間で考えてみると、何十万という圧倒的な価格差が生まれることになります。

 

今回の記事をぜひ参考にして、経費を徹底的に削減するように努めましょう。

 

最後に、

◇私のLINE@に登録していただいた方には、

・1日15分で誰でも簡単にリサーチができる

・月に10万円以上稼ぐことも可能な仕入れノウハウ

をプレゼントいたします!

さらに、

☆最新のホットな仕入れ情報

☆売れた商品の紹介

☆すぐに仕入れができる商品

☆プレ値情報

などをどしどし紹介します!!

 

LINE@登録はコチラ

ぜひ登録していただき、私と一緒に突き進んで稼いでいきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です