せどり初心者は必見!!堅実にお金を増やすための仕入れポイントを解説!

 

こんにちは リョウジです。

 

最初にみなさんにお聞きします。

 

せどりを始めて稼ぐことが出来ていますか?

お金が増えている実感はありますか?

 

「自分が仕入れた商品が、売れるかどうかが凄く不安!」

「仕入れた商品がもし売れなかったら、資金が枯渇してしまう」

 

このような不安が頭をよぎり、

  • せどりを始める勇気が持てない
  • 仕入れ量を増やすことができない

という方も多いと思います。

 

せどりをする一番の目的は、やはりお金を稼ぐことですよね。

 

しかし、せどりは常に仕入れて、売ってを繰り返すビジネスです。

利益はもちろん重要ですが、お金の流れも自分自身で管理していないと、

「想像以上に銀行にお金が残っていなかった」

という事態が起こってしまいます。

 

「より良い生活をするために、お金を稼ぐぞ!」

と意気込んでスタートを切ったにもかかわらず、いざ蓋を開けてみると

「あれ?思ったよりも稼げていない」

というせどり初心者の方が多いです。

 

今回はそんな悩みを吹き飛ばすために、

「せどり初心者は必見!!堅実にお金を増やすための仕入れポイントを解説!」

というテーマで、お伝えしていきます。

 

仕入れをする時に、必ず覚えてほしいキーワードや仕入れ基準を掘り下げた内容になっています。

最後まで読んでいただければ、確実に利益を出し続けられるノウハウが分かると思います。

 

ぜひ、せどりで成功して豊かな人生を送れるようになってもらえたら嬉しいです。

 

せどりで成功するための、3つの仕入れポイントを覚えよう!

 

私が仕入れをする時は、「3つの仕入れポイント」を素早くチェックして判断しています。

  1. 回転率
  2. 利益率
  3. ライバルの人数

 

この3つの仕入れポイントを、的確に読み取れるように意識しています。

せどり初心者の人も、基本的にこの3つの仕入れポイントを押さえておけば確実に稼げるはずです。

 

それでは、早速見ていきましょう。

 

1番重要な仕入れポイントは回転率

まずせどりで成功するために一番大事なことは、「円滑なキャッシュフローを維持すること」です。

キャッシュフローとは、経済活動を行った際に発生する収入と支出の差分からなる資金の流れを指します。

分かりやすく説明しますね。

 

  • 3000円利益が取れる
  • 利益率が30%

の商品を仕入れたとしても、ずっと売れなければ、お金が手元から外へ流出しただけになります。

この商品をクレジットカードで仕入れをしていた場合、翌月には3000円請求されることになります。

もし売れない商品を在庫としてたくさん抱えていたら、残高不足で口座からの引き落としができなくなる恐れも充分考えられます。

 

ですので、1番重要視する仕入れポイントは、回転率なのです。

回転率とは、一定期間に商品がどれだけ売れたかを示す数字です。

 

「よしっ!この商品を仕入れよう」

と考えている時は、

  • 1か月以内に売れそうか?
  • 不良在庫にならないだろうか?

を強く意識して、仕入れをするようにしてください。

 

回転率を1番に優先させないと、商品が売れずに不良在庫がどんどん増えてしまいます。

現金化されていないので、クレジットカードの請求に耐えられなくなってしまい、最悪の場合は黒字倒産してしまうケースもあります。

 

ビジネス経験者の人は、キャッシュフローの重要性は分かっていると思います。

しかしながら、自分でビジネスをするのが初めての人は、直接利益につながる「利益額」「利益率」に目を奪われがちになってしまいます。

 

もし回転率やキャッシュフローに対する意識が低かった方は、この記事を契機にして

「1番重要な仕入れポイントは回転率!!」

という意識をこれからは強く持ってください。

 

少ない労力で稼げるには、利益率を重視しよう

 

ビジネスを行う目的は、やはり圧倒的にお金が欲しいからと答える人が多いのではないでしょうか?

儲けを出すには、利益率を重視しないと大きく稼ぐことができませんし、効率も悪くなり自分の負担もかかります。

 

そもそも、

「せどりで正式な利益がいくらなのか計算できているか?」

と尋ねたら、人によって様々な回答が返ってきます。

 

ブログやメルマガなどで、

『この商品は、なんと利益率50%越えです!』

という言葉をよく耳にしますが、一言に利益率と言っても、粗利益率 or 営業利益率!?

どちらを言っているのか人によって捉え方が違っていますし、そもそも利益率の計算自体を間違えているケースもあったりします。

 

  • 粗利

要するに、アマゾンで売れた価格から仕入れ値を引くと計算方法です。この時点では手数料や経費を計算に入れていないから大きく稼げていると思ってしまうんですね。

「せどりで月収50万稼いでいます!」

と稼いでいることをアピールしたい方は、この粗利を月収と言ってたりします。

粗利は、リサーチを補助するツール代や、梱包資材・アマゾン倉庫に送る送料などの経費を含んでいません。

一見数字だけみると儲かっているように見えても、手元には思ったほどお金が残っていないという方も多いのではないでしょうか?

 

  • 営業利益

アマゾンで売れた価格から、仕入れ値、手数料など経費を引いた金額が営業利益です。

粗利-経費でも同じです。

「実際に儲かっているのかどうかを知りたい」

経営という見方からすると営業利益を計算するようにしましょう

 

 

上記はFBA料金シミュレーターの画像です。

FBA手数料が計算できます。

FBA料金シミュレーターはコチラ

 

分かりやすいように、例に挙げてみます。

5000円の商品を販売したと仮定すると、アマゾンのFBAを利用した場合、手数料が726円引かれます。

5000円ー726円となり、実際の入金額は4274円になります。

そして、4274円から仕入れ値が2500円だったとしたら、利益は1774円です。

 

この1774円からさらに、月々のツール代や、梱包資材・アマゾン倉庫に送る送料などの経費がかかってきます。

ですので薄利経営をしていると、ただでさえ少ない利益に経費が重くのしかかってくることになります。

そして、より大きく稼ぐためにはたくさんの数の商品を売らないといけませんので、多大な労力と経費がかかってくることになります。

 

利益率が低く、利幅が少ない商品ばかりを扱っていると、自分の労力が増えて利益も残りにくくなってきます。

 

たとえば、平均利益額が約300円の商品ばかり扱ってたとしましょう。

月利30万を目指そうとしたら、月に1000個も売らなければなりません。

1人でこなすには、相当頑張らなければいけませんよね。組織化していないと到底達成できる数字ではないです。

 

しかしながら、家電のような高単価商品を扱えば利益額が大きいので、1商品で大きな利益を狙うことができますよね。

平均利益額が約2000円の場合だったとしたら、150個販売すれば月利30万円稼げることができます。

 

どうですか?

1000個に比べて150個なら格段に現実的ですよね。

 

※注意点

ここまでの解説を読んでいただいて、

  • 回転率が悪い商品は仕入れない
  • 利益率の低い商品は儲からない

と仕入れ基準を厳しくしすぎて視野を狭くする必要はありません。

 

大切なのはバランスです。

 

利益率の高い商品ばかりをリサーチしてしまうと、仕入れの幅が狭くなり仕入れ対象商品が見つかりづらくなってしまいます。

また資金が乏しい方や、最初からお金をかけたくない人など、それぞれ資金力や経営戦略も違います。

 

利益率が高くて、回転の良い商品ばかり仕入れできると、少ない労力で負担がかからずに稼ぐことが出来ますよということを知ってもらいたかったのです。

 

ライバルの人数を把握して、無駄な仕入れをなくそう

 

仕入れ時にライバルの数をチェックすることで、商品を何点購入すればよいのかが読み取りやすくなります。

ライバルの数は、平均ランキングが上位で高回転な商品は、毎日急テンポで商品が売れていくので特に気にしすぎなくてよいです。

ただ、売れ行きがよくない割に出品者が多い商品は、売り抜くまでに日にちがかかってしまいます。

 

Keepaを導入することでライバルの在庫数を確認することもできます。

Keepaの使い方は、誰でも分かるようにコチラで解説しています。

Keepaの設定から使い方まで解説!資産構築で仕入れを自動化しよう!

 

モノレートで、月に何回ぐらい仕入れ対象商品が売れているかチェックし、ライバルの人数と在庫数もあわせて仕入れ数を調整するようにしましょう。

 

仕入れ時に見過ごしがちなチェック項目とは!?

 

仕入れの際に、売れ行きと価格差、またライバルの人数ばかりに気を取られて、ノーチェックになりがちなチェック項目があります。

 

それは、新品と中古の価格差に目を向けることです。

新品の価格と中古の価格に開きがありすぎると、中古しか売れないケースも発生します。

これもモノレートから判断することができますので、必ず要チェックです。

グラフで商品が売れているかどうか判別しにくい場合は、モノレート下部の数値推移表で詳しく分析できます。

 

上図では、中古の出品者が減っていてランキングが上昇しています。

中古商品が売れたということが分かりますね。

 

損切りの必要性を理解する

 

今回の記事では、

  1. 回転率
  2. 利益率
  3. ライバルの人数

の「3つの仕入れポイント」を素早く、的確に読み取れるように意識して仕入れをしようと伝えてきました。

せどりでキャッシュフローを円滑に維持するには、損切りの概念を理解して、時にはおもいきって売り切ってしまうことも重要です。

 

キズが浅いうちに現金化すれば、損失を最小限に抑えられる

回転が良く、カートの最安値に合わせればすぐに売れていく商品なら、損切りして手元にお金を戻すことは簡単です。

その現金化したお金で、次の仕入れ資金に回すこともでき損失を抑えられますね。

 

しかしながら、あまり回転が良くない商品でライバルの数が多い商品などは、想定通りに売れないこともあります。

「仕入れてから3か月以内に売れなければ損切りする」

などのマイルールを作って、キャッシュフローを良くする経営戦略も考えていきましょう。

 

トライ&エラーを繰り返して、経験を積み重ね市場の動向を掴んでいくことは、せどり以外のビジネスすべてに重要です。

視野を広く持って物事を捉えられれば、せどり以外の分野でも簡単に成功することができるでしょう。

 

せどりで成功するためには、キャッシュフローの円滑を第一に考えよう

せどりを始める人のほとんどは、資金力が豊富にないと思います。

最初から大きく儲けようと欲張り過ぎずに、キャッシュフローを円滑に維持することを強く意識するようにしてください。

上手にお金を回して、仕入れ資金が枯渇しないように工夫しましょう。

 

せどりを始めて半年から1年以上経っても

  • 銀行残高が増えず、儲かっている実感がない
  • 毎月のクレジットカードの支払い日にビクビクしている

などの状況に陥っている場合、キャッシュフローがうまくいっていない証拠です。

 

正しく学んでせどりを実践し続けていれば、遅くても1年以内にはお金が増えているはずです。

 

もし、既に6か月以上せどりをし続けているけど、いまいち生活が豊かになっていない人は、仕入れポイントを間違えている可能性が高いです。

ぜひ、一から見直して態勢を立て直してみてください。

 

地道な努力をコツコツ積み重ねて実践を繰り返して商品知識を増やし、リストを積み上げていけば、せどりは確実に稼げます。

 

行き詰ったら、私にお気軽に相談してくださいね。

 

まとめ

 

今回は、スタートダッシュを決めるべく、

「せどり初心者は必見!!堅実にお金を増やすための仕入れポイントを解説!」

という記事を書きました。

 

詳しく解説した3つの仕入れポイント

  1. 回転率
  2. 利益率
  3. ライバルの人数

を重点的に意識して取り組んでいただければ、ビジネス初心者でもせどりで手堅く利益を積み上げることができるでしょう。

 

今回は、せどり初心者やせどりでいまいち結果が出ていない方向けに書いたブログです。

ご自身の資金力や経営方針しだいで、仕入れ基準の考え方も違ってくるので、臨機応変に実践してみてください。

 

最後に、仕入れ時にはモノレートの見方や使い方をしっかり理解していないと、今回紹介した内容を生かしきれません。

 

コチラの記事でモノレートの見方や使い方を詳しく解説してあります。

モノレートの正しい見方をマスターすれば、せどりは確実に稼げる!

 

せどりは、正しいノウハウを学ばないと安定して利益を出し続けることは出来ません。

 

せどりで稼ぐことは本当に楽しい事ですので、

 

「自分を変えるきっかけが欲しい」

 

と少しでも悩んでいる方は、新しいことを始めてみませんか?

 

私のメルマガでは、日々のせどりの実践記や稼ぐためのノウハウを配信しています。

 

登録していただいた方には、

 

・すぐに5万円以上稼げるおすすめ電脳仕入れ先サイト一覧表

・リピート仕入れができる電脳仕入れ先サイト一覧表

 

を無料で100サイト以上プレゼントいたします。

 

 

私が今でも仕入れ先に使用しているサイトばかりを厳選しています。

 

ぜひ活用していただき、ガッツリ稼いでいきましょう。

 

 

まだメルマガに登録していない方は、コチラから!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【今すぐ無料で登録する】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です