オークファンの使い方や活用方法|無料版と有料版の違いやアプリ

こんにちは、リョウジです!

せどりでヤフオクを利用する時に欠かせない、落札相場の調査と分析。

一つ一つを検索して分析するのは、とても大変な作業ですよね。

そんなあなたにおすすめなのが、「オークファン」というサービス。

ヤフオクやフリマアプリの過去の落札相場を一括で表示してくれる、画期的なサービスです!

今回は、オークファンの使い方や無料版と有料版の違いなどをご紹介します。

一度使ったら便利すぎて手放せないこのサービス、ぜひこの記事を読んで活用してみてくださいね♪

オークファンとは

オークファンは、ヤフオクの落札相場を検索・分析するために作られたサービス。

現在ではヤフオクだけでなく、Amazonやラクマなどいろいろなサイトの検索に対応しています。

まずは、オークファンの基本的な機能についてご紹介します。

ヤフオクなどの落札相場を検索できる

せどりでは、過去の落札相場の情報が欠かせません。

オークファンのメインの機能は、この落札相場を一括で検索して分析できること。

期間や価格などを、かなり細かく指定して検索できます。

現在対応しているサイトはこちら。

  • ヤフオク
  • ラクマ
  • モバオク
  • ebay
  • セカイモン
  • Amazon

海外の最大級オークションサイトebayの検索もできるのは凄いですよね。

同時表示で比較もできるので、複数のサイトを利用している人にとってはありがたい機能です。

現在の出品状況や価格も分かる

オークファンでは落札相場だけでなく、現在の出品状況を把握することも可能です。

商品名を検索すると、このように一覧が表示されます。

商品写真に「開催中」のラベルがあるものは、現在出品中のまだ落札されていない商品です。

入札数や現在の価格が一目で分かるので、このまま動向を確認することもできます。

落札相場と比較しながら、現在の売れ行きがリアルタイムで分かるのはありがたいですよね。

また、オークファンではこのまま入札や入札予約をすることも可能

出品のための情報を入手できるだけでなく、仕入れにも使えるのがポイントです。

高額落札商品や最新の人気商品を知れる

オークファンのトップページには、毎日更新されるお得な情報が満載です。

中でも、高額落札商品と最新の人気商品ランキングは必見。

ランキング上位は希少なレア物が多く、あまり参考にならないかもしれません。

しかし、ヒントはどこに転がっているか分かりません。

現在のトレンドや思わぬ高利益商品が把握できるので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね(^^)

オークファンの無料版と有料版の違い

オークファンは無料で利用できますが、有料プランも複数用意されています。

コストはなるべく抑えたいところなので、有料プランに入る必要があるのか気になりますよね。

ここでは、オークファンの無料版と有料版の違いについてご紹介します。

会員登録は無料でできる

オークファンの会員登録は無料で、そのまま使える機能もたくさんあります。

無料会員が利用できる主な機能はこちら。

  • 6ヵ月前までの落札相場検索
  • 入札予約ツール(月3回まで)
  • 期間おまとめ検索(月3回まで)

主要なほとんどの機能が利用できますが、制限があるのが特徴です。

また、利益計算ツールや売上集計システムなど使えない機能もあります

まずはお試しで登録してみたい人、月に数回程度しか利用する予定のない人にはおすすめです。

有料版のプランは主に3種類ある

オークファンの有料版のプランは、オプションも含めるとかなりたくさんあります。

その中でも会員数の多い、主な有料版プラン3種類はこちら。

  • ライト会員(月額:324円)
  • プレミアム会員(月額:980円)
  • オークファンプロプラス(月額:10,800円)

有料版に登録すると、落札相場検索できる期間が10年前までになります。

一番安いライト会員の特徴は、期間おまとめ検索の制限が月10回に増えることと、一部機能の制限が解除されることです。

無料会員よりはできることの幅が広がりますが、あまり変わりはありません^^;

一番人気なのは月額980円のプレミアム会員で、機能の制限はほとんど無くなります。

期間おまとめ検索の回数も月に1,000回まで可能になるので、思う存分サービスを活用できるのが特徴です。

月額が最も高いオークファンプロプラスは、上級者向けの有料プラン。

機能が無制限に使えることに加えて、SEO補助ツールやお得なノウハウコラムが届きます。

まずは無料会員登録をして、自分にとって必要な機能を見極めながら検討してみてくださいね。

※ちなみに僕は、月額980円のプレミアム会員です♪

アプリの評判はイマイチ

オークファンには、無料で利用できるアプリもあります。

しかし、残念ながらAppStoreでの評判はイマイチ(^^;

レビューを見ると、データが重いせいかすぐアプリが落ちてしまうという報告が多数あります。

これから改善されていく可能性もありますが、PCやスマホのブラウザから利用するのがおすすめです。

オークファンの基本的な使い方

オークファンは、主にせどりで扱う商品の比較や分析に使用します。

サービスが充実しすぎていて戸惑うかもしれませんが、使い方はとってもシンプル。

ここでは、オークファンの基本的な使い方をご紹介します。

商品の落札相場を検索する

まずは、お目当の商品の過去の落札相場を検索してみましょう。

トップページの検索欄に、商品名を入力します。

商品名はサイズや色、特徴などなるべく詳しく入力するようにしましょう。

(検索欄右側にある「詳細検索」をクリックすると、価格や期間などさらに細かく指定できます。)

エンターキーを押すと、検索結果の一覧が表示されます。

平均価格や過去の落札額、現在の出品状況などをまとめて見ることができます。

ちなみにこの検索結果は、過去30日のデータです。

さらに昔のデータが見たい場合は、有料プランに登録をしておまとめ検索をしてみましょう(無料で見れるのは6ヵ月前のデータまで)。

データを比較・分析する

検索結果は、商品価格の比較や分析に利用できます。

特にチェックしておきたい項目はこちらです。

  • 落札日
  • 落札価格
  • このカテゴリでのトレンド

落札日とその日の落札価格を見ることで、現時点でのリアルな相場を知ることができます。

特に、季節物やトレンドものなど旬な商品を扱う場合は要チェック。

「このカテゴリでのトレンド」は、気になる商品をクリックすると表示されます。

その商品の平均落札額やカテゴリ内の総落札額の推移を、グラフでまとめて見れるのがポイント。

平均落札額は、仕入れや出品をする時に狙う価格の参考にすることができます。

落札価格が平均よりも高い場合は、商品の状態や写真の撮り方、出品者情報を見るなどして分析をしてみましょう。

オークファンでできる便利なおすすめ機能3つ

オークファンには、落札相場の検索以外にもたくさんの機能が備わっています。

上手く活用すればせどりを効率化できますが、機能がありすぎて何を使うべきか迷ってしまう方もいるはず。

最後に、実際に僕がよく使うオークファンの便利なおすすめ機能3つをご紹介します。

検索アラートを利用できる

検索アラートとは、指定した商品を決まった時間に自動で検索してくれる機能です。

検索結果をメールで通知してくれるので、自分でサイトに検索をしに行く手間が省けるのがメリット。

最新の情報を、忘れずにしっかりとチェックすることができます。

指定できる条件もかなり多く、商品を絞り込んで検索できるのも特徴。

商品価格の範囲や送料無料かどうかなど、事細かに設定できます。

ちなみに、検索アラートに登録できる商品の上限は5個まで

必要のなくなったアラートは削除して、定期的に入れ替えを行うようにしてくださいね。

出品テンプレートを作成できる

出品テンプレートとは、ヤフオクの商品詳細ページを簡単に作って保存できる機能です。

商品情報を入力してデザインを選ぶだけで、お洒落な出品ページが一瞬で出来上がります。

作成した出品テンプレートは、HTMLコードをコピペしてそのままヤフオクで使用可能。

また、デザインテンプレートの種類も豊富で他の出品者と差をつけることができます。

出品テンプレートは保存して、繰り返し編集し使うことも可能です。

ジャンル別に出品テンプレートを作っておくと便利ですよ♪

ヤフオクへの入札がそのままできる

オークファンでは、検索結果で表示された商品にそのまま入札することができます。

自動的にヤフオクのページに移動するので、即決価格での入札や入札予約ももちろん可能です。

条件の良い商品に出会った時にチャンスを逃さず、すぐ行動に移せるのは嬉しいですよね(^^)

また、オークファンはせどり以外にも使えます。

ヤフオクやフリマアプリの安い商品を絞って探せるので、欲しいものをお得にゲットできるのがメリット。

普段のお買い物にもぜひ、活用してみてくださいね。

オークファンの使い方や活用方法【まとめ】

オークファンは、せどりで比較・分析をするのに欠かせないアプリです。

無料でも利用できますが、おすすめは月額980円のプレミアムプラン。

初月無料キャンペーンもあるので、ぜひご検討してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です