Amazonの商品すり替え詐欺とは?返品対処の手順と対策をご紹介!

こんにちは、リョウジです!

Amazon出品者の間でよく話題になる、「商品すり替え詐欺」をご存知ですか?

まだ被害に遭ったことのない方も、これから詐欺のターゲットになってしまう可能性は十分にあります。

被害を受けないためには、詐欺の手口を知って対策を打っておくことが大切です。

今回は万が一、詐欺に巻き込まれてしまった場合の対処法も含めて、商品すり替え詐欺の実態と対策についてご紹介していきます!

商品すり替え詐欺とは?

商品すり替え詐欺とは、購入者が届いた商品を別のものにすり替えて不正に返品を行う行為です。

Amazonの返品は、とても簡単にできます。

購入者からの要望には基本的に応じないといけないので、返品の拒否は難しい傾向にあります。

お客様を疑いたくはないですが、返品制度を利用して詐欺を行う悪質な購入者がいるという事実を知っておきましょう。

FBA出品をしている人はリスクが高くなる

Amazon出品では、商品の発送方法が2種類あります。

Amazonが倉庫で在庫管理から返品作業まで全てを行なってくれるFBA発送と、自分で作業をする自己発送です。

FBA出品は、物販ビジネスの作業の手間を省いてくれるとても便利なサービス。

ただし、返品の判断まで任せることになるので、購入者からの不審な要望にもそのまま応じられてしまうというリスクがあります。

自己発送であれば購入者から返品の要望があった時に、商品写真の提出を要求したり交渉を行ったりできるので安心です。

特に高額商品を扱っている方は、一度の被害損失が大きいので要注意。

詐欺に遭うリスクを減らすためにも、発送方法はよく検討してから選ぶようにしましょう。

Amazonの返品システムには要注意

Amazonでは、未開封・未使用の状態で30日以内であれば返品が可能です。

ただし、この返品システムには落とし穴があります。

  • 30日を経過していても、商品代金の20%を負担すれば返品可能
  • 開封済みでも理由によっては受け入れられる
  • FBA出品の場合、返品の判断はAmazonが行う

ユーザーファーストのAmazonは、返品にとても寛容です。

購入者の主張が優先されるので、出品者が返品を拒否するのはとても難しいのが現状になっています。

開封済みでも返品可能

商品を開封済みでも、理由によっては返品を受け入れなくてはなりません。

購入者は返品をする時に、理由を選択します。

そこで不良品だと主張されると事実を確かめる術がないので、返品に応じるしかないのです。

特に、FBA出品を利用しているとAmazonが勝手に返品処理をしていたというのはよく聞く話です。

商品を届けてから何事もなく数日が経過しても、安心はできません。

万が一に備えて、詐欺の対策をしておくことが重要です。

低評価が消えない

商品すり替え詐欺の被害は利益の損失だけでなく、低評価をつけられることにもあります。

不良品などで返品を訴える購入者の多くは、低いレビューを書き込んできます。

もちろん、こちらに非があった場合は受け入れて反省しなくてはいけません。

問題は、事実とは違う不当な低評価を受けた時です。

商品すり替え詐欺にあったことをAmazonに報告して認められれば、利益の損失は補填されます。

しかし、一度ついた低評価を消してもらうことは難しく、ほぼ不可能だと言われています。

納得がいきませんがこの事実を知って、悪質な購入者の被害に遭わないよう気をつけましょう。

出品者のアカウント停止の可能性がある

Amazonの対応には、まだまだ不透明なところがたくさんあります。

商品すり替え詐欺に遭った時は、正しい主張を続けて闘っていかなくてはいけません。

その際に大切なのは、冷静に対処をしていくということです。

感情的になって正しい報告の手順を踏まなかったり不適切な言葉を使ったりすると、アカウント停止の可能性があります。

落ち着いて丁寧に対処していけば、Amazonもしっかりと保証に応じてくれます。

アカウント停止という最悪の自体を招かないためにも、詐欺には毅然とした態度で対処していきましょう。

商品すり替え詐欺に遭った時の対処法

商品すり替え詐欺に遭ってしまった時は、早急に対処することが大切です。

対処の手順はFBA発送でも、自己発送でも同じです。

まずはAmazonのカスタマーセンターに報告をして、事情を説明していきましょう。

Amazonのカスタマーセンターに報告をする

Amazonカスタマーセンターには、電話での報告がおすすめです。

電話で事情を説明すると、以下の情報の提出を求められます。

  • 返送依頼番号
  • 出品商品の正当性を示す資料(仕入れの履歴やシリアルナンバー等)
  • 返品された(すり替えられた)商品の画像
  • 商品ラベルの画像
  • 実際の商品とどこが違うのかの説明

これらの情報は、商品すり替え詐欺に遭ったことを証明する重要な証拠になります。

手元に保管してあるものがほとんどだと思いますが、どうしてもないものは代替資料でも可能な場合があります。

諦めずにカスタマーセンターに相談してみましょう。

念のため、過去1年分くらいの出品商品情報を全て保管するようにしておくと安心です。

Amazonから補填を待つ

商品すり替え詐欺に遭ったことが認められると、Amazonから損失分の補填を受けることができます。

複数の情報提出など、手続きは少し面倒ですが1つずつ丁寧に進めていきましょう。

カスタマーセンターへの報告に不備がなければ必ず対応してもらえるので、諦めずに挑戦することが大切です。

しかし、出品者の対応次第ではAmazonから補填を受けることができなくなってしまいます。

不適切な態度をとって損をしないように、細心の注意を払いながらカスタマーセンターとやり取りをしていきましょう。

商品すり替え詐欺に遭った時にやってはいけないこと

商品すり替え詐欺に遭ったと分かると、驚きと焦りでつい感情的に対処してしまいがちです。

やってしまうと、逆効果な行為はこちらです。

  • 詐欺だと決めつけて報告する
  • 購入者に感情的なメッセージを送る
  • Amazonのカスタマーセンターに文句を言う

明らかに違う商品が返品されても、最初から詐欺だと決めつけて報告してしまうと逆効果です。

まずは、詐欺の可能性を認めてもらうために、証拠となる資料の提出をしっかりと行なっていきましょう。

冷静に対処をしないと更なる被害を招いたり、Amazonからの補填を受けられなくなったりしてしまいます。

警察に被害届を提出することも可能ですが最終手段と考えて、まずはAmazon内での解決を目指しましょう。

商品すり替え詐欺の対策

商品すり替え詐欺に遭わないためには、事前の対策をしておくことが大切です。

どれも基本的なことですが、物販ビジネスに慣れてくるとつい省略してしまう行為もあります。

詐欺を未然に防ぐために、対策は万全にしておきましょう。

シリアルナンバー記載

ブランドものや電化製品など、高額商品にはシリアルナンバーが記載されています。

シリアルナンバーは偽装できないので、あらかじめ番号を控えたり商品写真として掲載しておくと安心です。

さらに、商品説明欄にも一文を加えると詐欺の抑止力になります。

例 「商品のすり替え返品を防ぐために、シリアルナンバーを控えております。」

詐欺を報告する時の証拠にもなるので、シリアルナンバー情報はしっかりと保管しておくことをおすすめします。

発送前の商品の写真を残しておく

発送前の商品の状態や、返品されたものとの違いを証明するために写真を残しておくことは大切です。

特に中古品で傷や汚れがある場合はしっかりと撮影して、商品説明欄にも詳しく書いておきましょう。

これは商品すり替え詐欺対策に限らず、お客様とのトラブルを避けるためにも重要なことです。

高額商品はFBAで出品しない

商品すり替え詐欺に遭った時の損失が大きい高額商品は、自己発送にするのもおすすめです。

FBAは便利なサービスですが、勝手に返品を許可したり検品をしなかったりと、不安な点が多いというデメリットがあります。

自己発送であれば、返品対応や検品を全て自分の目で行うことができます。

手間は増えてしまいますが、損失を防ぐためにもFBAの使い分けを検討してみましょう。

Amazonに頼りすぎないという選択も大切【まとめ】

Amazonには豊富なサービスがありますが、効率化が進みすぎているからこそのデメリットもあります。

全てを頼りきってしまうと、いざという時の対処に困ってしまいます。

商品すり替え詐欺は、Amazonの便利なサービスを利用した悪質な犯罪です。

自分の利益を守るためにも、対策はしっかりと打っておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です