FBAマルチチャネルサービスを使うメリットは?物販におすすめな理由

こんにちは、リョウジです!

Amazonで出品した商品を、全て自分の代わりに梱包・発送してくれるサービス「FBA」はご存知ですか?

とても便利なサービスですが、実はAmazon以外で販売する場合もこの機能を使えるんです!

「FBAマルチチャネルサービス」と言って、自分のECサイトや楽天市場などでの販売にも対応してくれる画期的なサービスです。

今回は、このサービスの使い方やメリットについて分かりやすくご紹介します。

FBAマルチチャネルサービスとは

Amazonでせどりの商品を販売する時、出品数が多いと梱包や発送準備に莫大な時間がかかってしまいますよね。

そこで「FBA(フィルフィメントby Amazon)」を利用すると、梱包から発送までの全ての作業をAmazonが行なってくれます。

さらに、その中のサービスとして登場したのが「FBAマルチチャネルサービス」です。

なんとAmazon以外のネットショップや通販サイトでも、この「FBA」の機能を利用できるようになりました。

事前にAmazonのFBAに有料登録しておく必要はありますが、販売の手間が大きく省けるので物販を効率的に行うことができます。

毎日発送作業に追われている人、もっと作業時間を増やして物販の仕入れに力を入れたい人にはおすすめのサービスです。

FBAマルチチャネルサービスはメルカリでは使えない

せどりでメルカリを使っている人は多いと思いますが、メルカリではFBAマルチチャネルサービスは使えません。

理由は、メルカリの規約にあります。

メルカリなどのフリマアプリでは、手元にない商品の出品は禁止されています。

厳密に言うと、FBAマルチチャネルサービスを使うことはできますが、規約違反になる可能性が高いです。

運が悪いと一発でアカウント停止になってしまうこともあるので、やめておくのが無難です。

FBAマルチチャネルサービスの使い方

FBAマルチチャネルサービスを利用するには、まずAmazonのFBAに登録しておく必要があります。

FBAに登録したら、出品した商品をAmazonの倉庫に送っておきます。

後はセラーセントラルの「FBA在庫管理画面」で、商品が売れたら配送先情報を入力するだけです。

これだけで、在庫管理から梱包・発送・納品書の作成まで全てAmazonが行ってくれます。

発送には無地のダンボールを使用

楽天市場で商品を発送しているのに、Amazonと書かれているダンボールで発送されると困りますよね。

FBAマルチチャネルサービスでは、無地のダンボールで発送することも可能です。

全ての倉庫で対応しているわけではありませんが、現在は全国の10ヶ所の倉庫から送れます。

近くに対応できる倉庫がない場合は、事前にお客様にAmazonを通して発送する旨をお伝えしてしておくと安心です。

FBAマルチチャネルサービスの料金

FBAマルチチャネルサービスを利用するのに、初期費用や固定費は必要ありません。

1商品1点から発送が可能で、気軽に管理を任せられるのが魅力です。

利用する時にかかる料金は、2種類あります。

  • 在庫保管手数料
  • 配送代行手数料

在庫保管手数料とは、Amazonの倉庫で自分の商品を管理してもらうのにかかる料金です。

商品サイズと保管日数によって、かかる料金が決まります。

時期にもよりますが小型サイズを1ヶ月保管してもらっていた場合、約15円位の手数料になります。

配送代行手数料は、出荷作業手数料と発送手数料の2つを合わせたものです。

出荷作業手数料はサイズに応じて、83円から最大258円です。

発送手数料もサイズに応じて、217円から最大1,157円で送れます。

全て足しても、小型サイズの場合1個あたりにかかる料金は数百円程度です。

この価格は、国内の物流サービスの中でもトップクラスの安さといえます。

追加料金を払えば、お急ぎ便や代引き決済も利用可能なのが嬉しい点です。

FBAマルチチャネルサービスのメリット

FBAマルチチャネルサービスの、主なメリットです。

  • 在庫管理・梱包・発送を全て行ってくれる
  • Amazon以外での販売にも対応
  • 低価格で気軽に利用できる
  • 無地ダンボールでの発送も可能
  • 納品書の作成や返品処理もしてくれる
  • Amazonならではのサービスも利用できる

商品をまとめて倉庫に送るだけで、在庫管理から発送まで全てを行ってくれるのはAmazonにしかできないことです。

販売の手間が省けるので、余った時間でさらに副業の幅を広げることができます。

面倒な納品書の作成や返品処理も、無料で行なってくれます。

お客様とのトラブルを最小限に抑えたい人や、Amazonならではのお急ぎ便など便利なサービスを利用したい人には、ぜひおすすめしたい機能です。

FBAマルチチャネルサービスのデメリット

FBAマルチチャネルサービスのデメリットです。

  • メルカリなどフリマアプリでは使えない
  • FBAに登録しておく必要がある
  • 全ての倉庫が無地のダンボール発送に対応しているわけではない

手元にある商品を発送するわけではないので、メルカリなどのフリマアプリでは規約違反になる恐れがあります。

利用は自分のECサイトや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどにしておきましょう。

また、FBAマルチチャネルサービスの利用料は安いですが、AmazonのFBAに登録しておく必要があります。

FBA登録には、大口出品の登録が必須です。

大口出品には、月額4900円がかかります。

サービス内容で考えるととてもお得に利用できますが、固定費は少しかかってしまうので気をつけましょう。

FBAマルチチャネルサービスを利用して物販を効率化しよう

FBAマルチチャネルサービスを使うと、だれでも簡単にAmazonの物流サービスを利用できます。

料金も低価格なので、全て自分で作業するより効率が良くなります。

すでにAmazonのFBAに登録している人は今すぐこのサービスを利用できるので、是非登録してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です